最近のブログに関する私の思い

私のブログもこのところ政治ネタが多くなっていることに気が付きます。

多趣味であることを自他ともに認める私ですので、いろんなネタでブログを書くつもりでいましたが、昨今の日本の極めて危ない流れを慮り当面は政治ネタを優先すべきと考えるに至りました。

ヤエヤママルバネ8-18
画像
画像

私の持論として、日本という国が平和に保たれ、なんとか生活が出来、自分が健康でいられる延長線上に趣味を楽しめると思っています。
その前提である日本の平和が非常に危なくなって来ました。

ヒラタクワガタ(岡山県産)
画像

大企業等の一部の人以外生活も苦しくなって来ています。
そして情報が得にくくなっていますが、放射能汚染は東日本どころか全国に広がっています。

消費税率が上がり諸物価が軒並み上昇する中、国民の所得は減る一方です。
そして消費税を含め私たちから徴収した血税は国民のための社会福祉や東日本大震災の収束・復興に使われません。

近隣諸国の脅威をことさら強調して防衛費は膨らむ一方であり、時の首相が海外歴訪すれば湯水の如く天文学的なばら撒きをしています。

そしてこの時期にやるべきではない五輪招致を世界に嘘を発信してまで行い、その後の新国立競技場、五輪エンブレムと目を覆うような失態続きなのはご承知のとおりです。


思えば、稀代の悪法である秘密保護法を狂気の強行採決した時に、日本の羅針盤は大きく歪んでしまいました。
ここに負の楔を打ち込み、その後の庶民虐殺とも言えるような棄民政策のラッシュが始まります。

今、日本中に激震が走っている「戦争法案」・・・「安保法案」等と呼んで欲しくないとんでもない代物です。

日本が属国であることを心底思い知らされるような法案を、なぜ国民を騙してまで通そうとするのでしょうか。

日本にとって今一番必要なのは自立なのです。
戦後70年経ってもまだ属国のままを望むのですか。

時の総理が職を賭してやるべきことは、戦争法案を強行成立することでも改憲でもありません。
「日米地位協定」の見直しであり、改善なのです。

米国に押しつけられた憲法が気に入らないのであれば、どうして日米地位協定に言及しないのでしょうか?
未来永劫、恒久的に米国統治を願っているとしか思えません。

米国と信頼関係を構築することは大事だと思います。
そして同時に近隣諸国とも胸襟を開いて友人になることも重要です。

軍事力増強などなんの抑止力になりません。
押しつけられたのかも知れないが、日本に馴染み世界で称賛される憲法なんですからもう日本の宝物なんです。
米国には逆輸入をお願いしましょう。
平和憲法を世界中に拡散すること、それこそが「積極的平和主義」だと思います。


日本は今とても重要な局面を迎えています。
週末の予定が気になるのも結構!、スマホ三昧でも結構!趣味に没頭するのもいいです。
ただ、その数分の一の時間でいいから政治に関心を持つべきだと思います。

戦争になったら、貴方のしたいすべてのことがもうできないのです。
貴方自身の命も、貴方が愛する人の命も、あなたの家族の命も、沢山の同胞の命も、他国の人の命も・・・奪われてしまう~それが戦争なんです。

戦争、武力衝突を避けるために徹底的に話し合う~それが外交です。
戦争したがる総理は要らない!、外交できない総理も要りません

手遅れになる前に、ほんの少し立ち止まって考えることが必要だと思います。


日本は今、本当に一大事なんです。
戦後70年談話が71年、80年、100年、永遠に語り継がれることを心から願っています。

紫陽花