9条を守ろう~素敵なバイオリン弾きがいます。

人の出会いとは不思議な物で、国会前では様々な出会いがあります。

先日は、歌の力で発信に来られた無頼庵さんに出会い、一緒に歌いそして今回はそのお仲間たちとのミニライブに参加することになりました。

確認のために会場の谷保かけこみ亭にTELを入れると、出られたマスターはとても愉しい方で、私が下町の墨田区から参加というと「随分田舎からですね」と言われて思わず「はぁ~?」と聞き返してしまいました。

谷保といえば思い出すのは以前にクワガタ好きな私が、貴重な東京産のヒラタクワガタを探しに行った緑豊かな場所だったということ。

ヒラタクワガタ(国立産)
谷保産の特大ヒラタクワガタ。
私の東京都産ヒラタクワガタとしては最大個体になります。

そのことをマスターに伝えましたら、国立(くにたち)は(こくりつ)なんだからな都会であるとのことでした。
スカイツリーができたぐらいの墨田区は確かに田舎なのでしょうね。(笑)


かけ込み亭に着き、ほどなくライブはスタートしました。

谷保かけこみ亭
とてもいい感じの始まりです。

みなさんとてもお上手で、それぞれ個性もあり素晴らしい!


中でも私の心に強く印象に残ったのは、異色のバイオリン弾きのみほこんです。

みほこんa

みほこんb

バイオリンを弾きながら歌うというのは、かなり難しいと思います。
初期の頃のさだまさしさんがそうでしたね。

愛くるしいルックスそして、心に響く自作の曲に聴き入ってしましました。


人が人であるために~ 9条を守ろう~

 リーンリーン 鈴虫の音があ 耳について
 はなれない

70年前の あの夏の日 ミンダナオで
終戦を知った
そう話してくれた元日本兵の兵隊じいちゃん
今年で95になる
当時 24歳で6人の部下に
カエルの足を食べながら
生きて生きて みんなで 日本の土を踏もう
ジャングルの中で シュロの葉で 水をなめ
生きて生きて みんなで 日本の土を踏もうと

 リーンリーン 鈴虫の音があ 耳について
 はなれない

あの頃 上官の命令はぜったいで
ひとりひとり手りゅう弾を 持たされ
ろしゅうのはずかしめを 受けるなと
言われて
ジャングルに ちりぢりに なった
百十余万の 兵士が南方の 土に埋もれ
土に埋もれ 海に散った

 リーンリーン 鈴虫の音があ 耳について
 はなれない

だから
仲間の死をもって 伝えたいんだ
戦争は 人を 虫けらのように殺すから
だから
憲法9条は 変えたら いけんと
人が 人で あるために

だから
仲間の死をもって 伝えたいんだ
戦争は 人を 虫けらのように殺すから
だから
憲法9条は 変えたら いけんと
人が 人で あるために  ♪


みほこんは平和を愛しボランティア活動も積極的に行い、被災者に力を与えるミュージシャンである素敵なバイオリン弾きです。


戦争体験がないくせに、勝手に憲法を変えて70年も続いている平和をを壊し、若者を戦場に送り込もうとし、日本を戦禍に巻き込もうと躍起になっているあの人に是非聴かせたいものです。
とても温かい気持になって、かけこみ亭を後にしました。



翌日は、戦争反対の日比谷野音から銀座までのデモ行進に参加しました。

銀座デモ

戦争法が無理やり成立しても、私たちは決して諦めません。
今の暮らしを守り、未来に平和を繋げる義務があるからです。

銀座デモb

デモを牽引していたのはSEAJDsより下の層の高校生たちです。
来夏で活動を停止するとの噂があるSEALDsですが、立派な後継者が育っていますね。
女子高校生のコールはパワフルで素晴らしいと感じました。

アベ人形12-6

デモの終着点で、また例のアベ人形に遭遇しました。
さすがに注目度は抜群でしたが、おもちゃのトンカチで叩いて行く人が後を断ちませんでしたね。

お母さんに抱っこされ、頭にPEACEと書いた帽子を被った小さな男の子が「ボクの未来を壊すな!」とばかり叩いている光景がなんとも目を引きました。

平和であることが当たり前であると無関心でいると、ある日急に戦争が始まってしまった・・・先の戦争体験者はそう言います。
未だに無関心な人に言い続けましょう、そんなに無関心でいるととんでもないことになると~