RSS

平和が嫌いな人への野坂さんの遺言

作家の野坂昭如さんが先日亡くなられました。
直木賞受賞作品「火垂る墓」で知られ、タレントして歌手としても活躍されていて、ちょっとどもりながら話す独特の雰囲気が好きでした。
実直で少年の心を持っているような佇まいがありましたね。

戦中派の方で、死の直前まで反戦と通し「国民は国も守っても、国は国民を守らない」の名言を残しています。

野坂昭如

戦争の無意味さ、悲惨さを誰よりも分かっている方でした。
菅原文太さん、水木しげるさんに続き、惜しい方を失って残念です。



国民のほとんどが平和を願っていて、私たちは裕福でなくても、平和に暮らせればいいのです。

でも、平和が嫌いな人たちもいるのですね。

アベ帰れ!
沖縄の平和式典で、罵声を浴びてしまうこの人もそうなのでしょう。

今の政権になって、急激に日本の指針が変わりました。
憲法も平和主義も無効にし、国会の議決も異常とも思える強引なやり方で強行しています。
それは決められる政治ではなく、民意を一顧だにしない身勝手な独裁と言わざるを得ません。

非常識な回数の外遊をしては金をばら撒き、米国から兵器を何の躊躇もなく爆買いする・・・・これが美しい国ですか、戦後レジュームとからの脱却ですか、日本を取り戻すことですか・・・・
私たちはそんなことを願ってはいない!


黙っていないで声を上げましょう!
歌の力でもどんどん発信していきます。


勝利は我らに

We shall overcome
We shall overcome
We shall overcome someday
Oh deep in my heart
I do belive
We shall overcome someday


手に手をとって
手に手をとって
手に手をとりあって さあ歩こう
おお、心から 信じよう
We walk hand in hamd someday

平和に生きよう
平和に生きよう
戦争のない 平和な世界を
おお、心から 信じよう
We shall live in peace someday

恐れはしない
恐れはしない
恐れはしない 今日からは
おお、心から 信じよう
We are not afraid someday

We shall overcome
We shall overcome
We shall overcome today
Oh deep in my heart
I do belive
We shall overcome today



コメント
[22] セブン上司 | 2015/12/20 11:36
玄 さん

はじめまして、コメントをありがとうございます。
また、ご賛同いただきまして重ねてありがとうございます。

急速に悪い流れが加速していますね。
日本の未来を守るためにも、国民がしっかりと声を上げていくべきだと思います。
今後とも、よろしくお願いいたします。
[21] 玄 | 2015/12/19 21:41
同感です。
[20] セブン上司 | 2015/12/16 16:57
通りすがり さん

たった3年程のアベ政権が、日本の根幹を大きく変えようとしています。
しかもすべてが、性急且つ極めて強引です。
これを決められる政治と評価する一部の人たちはいると思いますが、歴史が秘密保護法や集団的自衛権の行使を民意にまったく耳を貸さず乱暴に決めてしまったこをを許す筈がなく、後世に悪名を残すような気がします。

今までの歴代の首相ができなかったことを成し遂げたと高揚していることでしょうが、とんでもないことですね。
We shall overcome、ケサラの歌詞のように私たちは負けません。
必ず勝利は我らに輝くと信じます。

[19] セブン上司 | 2015/12/16 16:44
アイアム・ノット・アベ さん

軽減税率はふざけな話ですね。
国民の生活が苦しいのに、消費税を上げることがナンセンスなのです。
それを軽減税率を強調して、さも国民のためのになるような印象を植え付けようとするのは姑息です。
マスメディアを一体化したプロパガンダでしかありません。

参院選での公明の選挙協力は不可避のための出来レースであり、国民に対する上から目線が感じられ歓迎などできない代物と思っています。
[18] 通りすがり | 2015/12/16 14:23
平和国家として70年間も戦争に巻き込まれず世界でも評価されていて日本が、安倍内閣になってからは豹変して急速に軍事国家への道をまい進しています。
海外でも既に日本をそのような目で捉えていますね。

国民も認識を変えなくてはなりません。
野坂さんのような戦中派の方々が次々に他界され、戦争の悲惨さを伝える語り部が少なくなっている現状がとても心配です。

We shall overcome 私も以前よく歌いました。
また新たな気持ちで、歌い続け中ければならないようです。


[17] アイアム・ノット・アベ | 2015/12/16 11:10
まさしく安倍さんは平和が嫌いなのだと思います。
あの人ほど、積極的平和主義という言葉が不適切な人はいないですね。
軽減税率のドタバダで分かるように、参院選で勝って改憲したいということしか感じられません。

何をそんなに急いでいるのですかね。
国民不在の政治が止まりません。
[16] セブン上司 | 2015/12/15 22:19
だんちょう さん

米国の体力が弱まり、経済も軍事も日本により負担させようとしています。
日本のトップが思慮深く、政治家としても矜持を持っている人ならいざ知らず、米国追従且つファッショな人であった場合は最悪の状況になります。
現状は全然平和が維持できる状態なのに、一部の人の利害のために国民を騙して無理やり戦争に引きずり込もうとしています。

マスメディアが真実を伝えず、矛盾を追及せず、政権に都合のいい報道しかしないことに強い危機感を持ちます。
もう既に戦争は始まっているということに、国民は気付かなければなりませんね。
[15] セブン上司 | 2015/12/15 22:03
マジョ さん

ジョン・バエズ、PPM、五つの赤い風船~当時は曲が好きで聴いたり歌ったりしていましたが、最近臨場感を込めて歌うことになるとは思いませんでした。

いろんな反戦歌や市民行動の応援歌がありますが、最近はやはり「勝利は我らに」と「ケサラ」が人気があるようです。

私は見ていませんが、報道ステーションで野坂さんと取り上げた際に、反戦のメッセージは伝えず、介護の話題にシフトしていたと聞いています。
報道ステーションよお前もか?と言いたくなりますね。
これでは亡くなられた野坂さんも多いに不満だと思います。
まさしく「戦前がひたひたと迫って来ている」をそのままに流れが急激且つ露骨であることを感じずにはいられません。
「勝利は我らに」することは容易ではありません。
[14] セブン上司 | 2015/12/14 23:48
ゲジヒト さん

アベ氏の広島・長崎でのスピーチ、そして戦後70年の談話もまったく心の篭っていない内容でしたね。
それなら式典に出るのは止めて欲しいと誰もが思います。

沖縄も同様です。
来て欲しくないというのが、偽らざる気持だと感じます。
国民の反感、疲弊とは逆行するような支持率の微増?マスメディアのよいしょなのか、よほど国民が思考停止なのでしょうか・・・
[13] セブン上司 | 2015/12/14 23:38
ダークナイト さん

仰るとおりだと思います。
やっていい戦争などあり得まえん。
武力衝突をどんなことがあっても回避するために外交があるのです。

それが、無理に隣国の脅威を煽り、テロへの戦いを口実に無理やりに戦争できる国に突き進もうとする悪意を強く感じます。
国民の上に国家を置く風潮が顕著で、平和憲法を冒涜していると思います。
[12] セブン上司 | 2015/12/14 23:29
小町 さん

戦中派の方々が高齢化し、そんな間隙を突いて集団的自衛権行使を強行したのだろうと推測されます。
これが10年前でしたら、まだまだお元気だったと思いますから体を張って反対される方が多数おられたと思います。

ジョン・バエズの「勝利は我らに」は市民運動を象徴する歌ですね。
これに最近は「ケサラ」を臨場感を込めて歌っています。
[11] セブン上司 | 2015/12/14 23:21
クリスマスローズ さん

野坂さんダンディでカッコ良かったですよね。
サングラスをかけて、ちょっとどもり気味に喋る声が今も耳に残っています。

ちょっとお茶目なところもあったようですが、とても心の優しい方だったようです。
戦後70年が経ち、原発にしても集団的自衛権の行使についても、毅然としてダメだと言ってくれる人が次々に亡くなられて行くのはとても残念なことです。

国会前に行っても野坂さんと同年代の方が頑張っておられます。
デモ参加者は団塊の世代、中高年がほどんど、若い人たちはSEALDsが希望のという状況で、野坂さんが言われるように、一番被害を受けるであろう若い世代がもっと声を上げて欲しいと感じています。

今の平和は、先人たちが尊い犠牲の上に残してくれたものです。
私たちの世代で、平和が根底から覆ってしまうようなことがあったら、死んでも死に切れない!~そんな気持が中高年以上の人を抗議行動に駆り立てているのだと思います。

菅原文太さん、野坂昭如さんたちの遺志に報いるためにも、平和を守りたいですね。

[10] セブン上司 | 2015/12/14 13:57
keiko さん

戦争は人間を獣にします。
そうしなければ生き残ることができないのです。
そしてその人たちでさえもPTSD(心的外傷後ストレス障害)になって苦しみます。

戦争は絶対にやってはいけない行為です。
戦争でぼろ儲けする1%の支配者のために99%の人が犠牲になるような仕組みは打破していかなくてはなりません。
戦中派の方々の言葉を噛み締めるべきですね。
[9] セブン上司 | 2015/12/14 13:13
平和を願う一市民 さん

戦争体験者で、反戦を訴えていて野坂さんですから、戦前がひたひた迫って来る状況でこの世を去るのは無念だったと思います。

氏の言われとおり、原発も集団的自衛権の行使も未来の同胞のこの上ない負の十字架を背負わすことになります。
今がよければいい、そんな人は政治家や官僚からすべて排除したいですね。
[8] だんちょう | 2015/12/12 21:48
こんばんは(^-^)

独裁者はいらないです!

国民のためにしっかりとした政治をしてくれる人がいないのだろうか。
[7] マジョ | 2015/12/12 10:00 URL
ジョーンバエズが聴かれる時代は 悲しいです
風に吹かれてを時々吹きますが
勝利は我らに・・・楽譜が欲しい

昨夜、野坂さんの話をユーチューブで聞きました
正直な方です
妹の食べる分まで、自分は食べてしまった
作家と言うのはそれを良いように書いてしまいます・・・・と言っていました
しかし、彼が残した作品やメッセージは
誰の言葉より、戦争の悲惨さを伝えます
涙なくして見られないと多くの方が言うように

これ、放映されないようですね。現政権には不利だからでしょう
どこかで再放送してほしいです
[6] ゲジヒト | 2015/12/11 20:25
広島や長崎での平和式典、そして沖縄でも参列すると罵声やバッシングが起こる国のトップというのも異常です。
確かに真逆のことを推進している張本人に、心の籠っていないスピーチなどして欲しくないですからね。

米国では議会では舞い上がって聞くに堪えない英語で、戦争法の成立を約束し、日本国民の大反対にまったく耳をかさずに強行採決したのはもはや国賊レベルです。
未だに50%の支持率?嘘だろう~
[5] ダークナイト | 2015/12/11 20:17
本当に平和であることが耐えられない人たちが、戦争に持ち込もうとしている悪意を最近強く感じています。
それにしても恐ろしい、自公の議員は誰ひとり人間らしい心を持っていないとしか思えません。

国民が立ち上がればいいのですが、マスコミを真実を伝えず極めて深刻な状況ですね。
[4] 小町 | 2015/12/11 20:13
菅原文太さん、やなせたかしさん、水木しげるさん、野坂さんと戦争体験者が次々に亡くなられて残念です。
戦争の悲惨さを身を持って体験された方々ばかりですよね。

ジョン・バエスの勝利は我らにですね。
今の私たちの応援歌になっていると思います。
[3] クリスマスローズ | 2015/12/11 19:48
野坂さん、私が学生の頃も一種のサングラスをかけニヒルな作家で素
敵な方でした。確か焼け跡闇市派としてその時代を生きたと語ってい
ました。鶴見俊輔さん、小田実さん達と同世代だったと思います。
このような、大切な良心のある方達がいなくなるのは痛恨の極みです。
[2] keiko | 2015/12/11 18:57
わたしはよく存じ上げないのですけど、野坂の言葉は重く受け止めたいと思います。
戦争体験者の話は特にそうです。
どうして平和の大切さが分からないのでしょうか。
悲し過ぎますよ。

[1] 平和を願う一市民 | 2015/12/11 18:11
野坂さんの言葉、心に沁みますね。
そのとおりだと思います。
国家のだめに先に大戦で、どれだけの人が犠牲になったことでしょう。

そして集団的自衛権も原発も、未来の同胞に背負いきれない負の遺産を残します。
どうしてそれに気づかないのでしょうか。
今がよければ、後はどうなったっていいのでしょうかね。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):