RSS

「愛と平和」を叫んで、今は歌い続けたい・・・

最近よくギターを弾いています。
アコースティックギターいわゆるアコギと呼ばれる、昔でいうフォークギターです。

人に教わるのが好きでないというか、周りにあまり弾ける人がいなかったためもあり、ほとんどが自己流です。
オマケに譜面が読めないものですから、メロディを弾くのは苦手でコードでの伴奏で歌うのが主ですが、必然的に知らない曲は弾けません。

多くの人がそうであるように、PPM(ピーター、ポール&マリー)のサウンドに魅せられてギターを始めました。

PPM
ギターの男性2人に、ボーカルの女性が1人のグループでしたが実に素晴らしく、懸命にコピーしたものです。
ただPPMはクラシックギターを使っていたり、指2本での奏法であったり個性的でしたので、他には応用できない面もあったようです。
それに私は英語に苦手ですので、上手にはとても歌えないというハンデもありました。

その頃拙い作品ではありましたが自分で作詞作曲した曲があり、一緒にギターをやっていた女性に見せると「あなたの曲は五つの赤い風船」に感じが似ていると言われましたで・・・・
気になって五つの赤い風船の曲を聴いてみますと、叙情的でどことなく切ない曲は
秀逸で大ファンになってしまいました。

五つの赤い風船

こちらは当然日本語ですので、歌いやすかったです。
「遠い世界に」「これがボクらの道なのか」「血まみれの鳩」「まぼろしの翼と共に」
佳曲が多いです。
すべての曲がそうではないですが、反戦歌がベースになっています。
当時は、切ない詞や哀愁のあるメロディが好きで歌っていた彼らの作品を、昨今は臨場感を込めて歌うようになるとは思ってみませんでした。

同じ時代の加川良さんの「教訓Ⅱ」も、あまりにも今の風潮に当てはまっています。

清志郎は20年も前から、原発の怖さを過激に訴えていました。

清志郎
「サマータイムブルース」「ラブ・ミー・テンダー」清志郎の強い思いが込めれています。
ライブでピースサインをしながら、「愛と平和」と叫んでいたのを思い出しました。

福島での原発事故が起きる前に彼はこの世を去ってしまいましたが、生きていたら反原発運動の先頭に立っていたと思います。

「ケサラ」の歌詞のあるような、抑えられない怒り、こらえ切れない悲しみ そんなことの繰り返しだけど 決して負けはしないさ・・・今はそんな気持で歌い続けたいですね。

家では、「悲惨な戦争」「まぼろしの翼と共に」とかを歌い、抗議集会では「勝利は我らに」「ケサラ」を唄う~そんな日々がこのところ続いています。



コメント
[22] セブン上司 | 2016/01/11 21:01
マジョ さん

あっ、そうでしたか!
PPMはピーターとポールの声質の違う歌声とギターテクニックと、ボーカルのマリーの低く太いが音域が絶妙でした。
バンドを作ってもマリーのパーツをやれる女性が滅多にいません。
「風に吹かれて」も代表曲ですね。
私は「悲惨な戦争」と「ドント・シンク・トゥワイス(くよくよするなよ」が一番のお気に入りで、今でもよく弾いています。

五つの赤い風船はTV等に登場しないアングラフォーク・グループでしたが、佳曲を沢山残しています。
「まぼろしの翼と共に」「まるで洪水のように」は戦争を足音が聞こえる今歌いたい曲です。
リーダーの西岡さんの美声と感情溢れるフー子ちゃんとのハーモニーが絶品でした。

私も清志郎の素晴らしさをより強く認識したのは、亡くなった後です。
反戦、反原発、反体制、反骨精神旺盛でみんなに愛されたロックスターでしたね。
彼をリスペクトしているシンガーは多く、清志郎の精神はきっと受け継がれると思います。

国会前でのミニミニライブは今後も続ける予定です。
今度一緒に「勝利は我らに」「ケサラ」と歌いましょう!
[21] マジョ | 2016/01/11 09:38
別に反戦で活動していたわけではありませんが
PPMそして五つの赤い風船は好きなグループでした
私のレパートリーの中に
風に吹かれてがあります。
今回、吹くようになったのです
それから 若者たちもあります
若者を応援したい
ただ、叫ぶだけではなく、共に歌いそして演奏する
連帯感が生れますね
替え歌も多いのです。
ビビディバビデブーも面白い替え歌があります。
国会前でご一緒したいですね
清志郎さん、今になっていっぱい聴いています。残念です
[20] セブン上司 | 2016/01/10 23:39
奴等を通すな さん

同感です。
原発の背景を見事に語っていますね。
本当にあの通りなんです。
彼等のメッセージを聞いて衝撃を受けた人、共感を持った人は実に多いと思います。
清志郎が蘇って降臨したようなそんな迫力を感じました。

まだ他にもそんな人々は多々存在すると思います。
圧力に屈せず、おかしいと思ったことは遠慮せずにストレートに発信して欲しいと願っています。
[19] セブン上司 | 2016/01/10 23:31
ゲジヒト さん

シンガーに限らず、タレントやコメンター等が反原発、反戦を主張するとTVから締め出しを食らいます。
出ているのは御用の付く人ばかり・・・
これはとても怖ろしいことですね。
放射能汚染を提言すると風評被害呼ばわりされ、デモ等の抗議行動をとるとテロリスト、非国民扱いをされる・・・・異常な流れです。

マスメディアに誘導されることなく、国民一人一人が冷静に判断することが大事です。
マスメディアは決して事実を報道しない現実を受け止めて、自分の目と耳で調べる努力が必要だと思います。
[18] セブン上司 | 2016/01/10 23:15
YUI さん

あははは~
そうですね、最近PPMといえば、そっちを連想すると思います。
フォークグループのPPMも多くのファンを持っていますから、機会がありましたら聴いてみてください。
「虹と共に消えた恋」「パプ」「朝の雨」「悲惨な戦争」等沢山の代表曲があります。
[17] セブン上司 | 2016/01/10 23:11
ダークナイト さん

国会前で、自由の森学園の生徒たちが歌っている時点では、ケサラをあまりよく知りませんでした。
その後詩を読んでみると、今の私たちの心情にとても合っている曲だと強く感じています。

「勝利を我らに」「ケサラ」等、私たちに勇気を与えてくれる佳曲だと思っています。
この曲を大勢の人が国会前で歌うなんて、以前は考えられませんでしたね。
[16] セブン上司 | 2016/01/10 23:04
小町 さん

やはり元に戻して正解のように感じます。
ギターは自慢するような腕ではありませんが、好きですね。
但しメロディを弾くのは苦手で、コードでの伴奏だけです。

清志郎のサマータイムブルースは過激ですが、歌っている内容は事実です。
メジャーなシンガーが発信すると国民の注目度が違います。
サザンが紅白で披露したことは意義があったと思いますが、バッシングに遭い腰砕けになってしまいました。
でも国民的なバンドが怪物番組で、敢えて歌った勇気は評価できると思っています。
[15] セブン上司 | 2016/01/10 22:54
グリーンゴブリン さん

はい、私も生涯問題なく戦争を知らない子供たちでいられると確信していました。
それが「さとうきび畑の唄」等の悲しい戦争を歌を歌わなくてはならないかも知れないなんて思ってもみませんでした。

「教訓Ⅱ」は佳曲ですね。
今の若者すべてに聴かせたい曲です。
[14] セブン上司 | 2016/01/10 22:46
keiko さん

清志郎は国民的な人気がありました。
国民栄誉賞を受賞してもおかしくないと思いましたが、反戦、反原発を貫いた反骨の人ですから敬遠されたのでしょう。

ギターって確かに挫折してしまう人多いですよね。
Fコードを押さえられず、止めてしまうケースが多いかも知れません。
私は自己流ですから、基礎ができていません。
最近思うのですが、抜群に上手くなくても気持が入っていて、愉しければそれでいいと考えています。
keikoさんも気が向いたら、また是非始めてください。
[13] セブン上司 | 2016/01/10 22:38
Chisato さん

PPMの「悲惨な戦争」風船の「遠い世界に」はスタンダードになっていますね。
清志郎のセブンイレブンのCMソングは「デイドリーム・ビリーバー」です。
モンキースの代表曲で彼のオリジナル曲ではありませんが、訳詩の才能が抜群だと感じます。

日本人にはやはり日本語の詩が一番で、「デイドリーム・ビリーバー」以外にも「ザ・タイマースのテーマ」「サマータイムブルース」「ラブミー・テンダー」「イマジン」等素晴らしい訳詩を残しています。
ゼリーという名で書いていますね。
[12] セブン上司 | 2016/01/10 22:28
原発はいらない さん

はじめまして、コメントをありがとうございます。
清志郎が反原発を過激に訴えていたのは知っていましたが、本当にそのとおりになってしまいましたよね。

亡くなった後に「サマータイムブルース」や「ラブミー・テンダー」をじっくり聴いた次第です。
反戦を貫いた清志郎ですので、存命でしたら戦争法を糾弾した歌を果敢に披露していたことでしょう。
今、とても清志郎に会いたいと感じています。
[11] セブン上司 | 2016/01/10 21:33
平和を願う一市民 さん

PPMは曲もギターテクニックも秀逸でした。
コピーをした人は多かったと思います。
昔はスリーフィンガーができたら、ステータスでしたね。

五つの赤い風船のサウンドや歌詞は凄く心地よく感じました。
初めて聴いた時、西岡さんと拓郎は声を顔のイメージが逆のように思ったのを覚えています。
岡林信康さんも風船と同じ頃で、日本のフォークのパイオニア的存在だと思います。
友よなんか、今の心境にぴったりですね。
[10] 奴らを通すな | 2016/01/10 14:47
反原発のメッセージソング、フランイングダッチマンの「HumanERROR」は凄いと感じました。
歌というより語りですが、内容は真実であり無関心な人に是非聴かせたいですね。
[9] ゲジヒト | 2016/01/10 14:41
反原発を歌うシンガーってTVに出られないですね。
これはおかしいと思います。
反戦も含めて自己主張が出来ない国って、怖い気がします。
御用キャスター、御用コメンター、御用学者、御用シンガーばかりがメディアを占領するようでは、国の将来はかなり深刻です。
息苦しさが増していきますね。
[8] YUI | 2016/01/10 14:32
PPMって公害の数値かと思ったら、違うんですね。(@_@;)
ネットでググったら、「500マイル」とか「悲惨な戦争」と歌っているグループだと知りました。(*^_^*)

[7] ダークナイト | 2016/01/10 14:27
国会前で自由の森学園の生徒たちが歌った、ケセラがとても印象に残っていますね。
SEALDsに限らず高校生たちにとって、安保法は極めて重要な意味を持ち関心を持つことが必須だと思います。
勿論、年齢に関係なく国民全員についても同じです。
[6] 小町 | 2016/01/10 14:15
ハンネを戻した小町です。(笑)
セブンさんはギターや歌がお好きなんですね。
わたしはあまり得意でないですけど、清志郎さんのことは好きでした。
サマータイムブルースって動画で見ましたけど、歌っている内容そのままのことが起きてしまいましたよね。
サザンの桑田さんが反戦を歌ったくらいでバッシングなんて、嫌な世の中です。
[5] グリーンゴブリン | 2016/01/08 22:48
言われるとおり、最近は反戦歌が臨場感をもって感じられるようになりました。
戦争を知らない子供たちを一生歌い続けられると思っていたんですけどね。

教訓Ⅱは今の若者すべてに聴かせたい曲です。
本当に嫌な時代になりました。
[4] keiko | 2016/01/08 22:39
清志郎さんの大好きでしたよ。
本当に平和を愛した人でしたよね。
セブンさんはギターが弾けていいなあ~(*^_^*)
私の少しやったんですけど、挫折してしまいました。(-_-)
ケサラの歌詞って素敵ですね。

[3] Chisato | 2016/01/08 17:35
歌うっていいですよね。
私は上手ではありませんが、歌うのは好きでカラオケはよく行くんですよ。
PPMと五つの赤い風船は知りませんでした。
ただ、「悲惨な戦争」や「遠い世界に」にはよく知っています。

清志郎さんの曲って、セブンイレブンのCMに流れていますよね。
今も人気があるんですね。
[2] 原発はいらない | 2016/01/08 17:22
忌野清志郎さんの大ファンでした。
事故が起こるずっと前から、原発の危なさを訴えて続けていたのは凄いと思います。
深刻な状態が続いているのに、まだまだ原発を手放す気がないのですね。
もう1回事故が起きたら、日本民族は滅びてしまうのに。
安保法といいTTPといい、この国は狂っているとしか言いようがないです。
悲しいことですね。
[1] 平和を願う一市民 | 2016/01/08 17:13
PPM、五つの赤い風船、清志郎、すべて私も好きです。
メッセージ性の強い曲を歌っていて、とても印象的です。
私はギターは全然弾けませんが、聴くのは好きですよ。
今は本当に、プロテストソングを歌い上げなければいけない時期だと思っています。
ケサラは私の心情にぴったりで、感情移入するところが大です。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):