RSS

カルチャーは変わりつつあっても、私は賀状を出し続けます。

今年届いた年賀状を整理してみました。

毎年決まって元旦に届く人、元旦には間に合わなかったけど三が日には届く人(おそらく私もこの口だと思う)、その後慌てて返事を送った感じの人、いろいろです。

なかなか会う機会がなくなっている場合も多く、賀状が元気でいてくれている橋渡しになっています。
昨年、とてもおめでとうという気分でないのでと遅れて賀状が来た人は今年は来なかったようで、もう世の中に絶望してしまったのでしょうか。

毎年キッチリと来ていた人の賀状が急にこなくなると、気になって嫌な予感も働くものです。
その後に寒中見舞いとしてハガキが届き、体調不良のために出せませんでしたとしたためてあり納得したりもありました。

例年喪中ハガキが5枚ほど届きますが、今回は優にその3倍以上の数です。
ご両親が高齢であるケースが多いのでしょうね。

また、ご本人が年齢を理由に今年を最後に来年以後はご挨拶を失礼させていただきますと書かれているケースもここ数年あります。
今までありがとうございましたの感謝の思いと同時に、一抹の寂しさを感じずにはいられません。

たかが年賀状、されど年賀状です。
私自身は何歳になろうと、賀状は出し続けるスタンスを貫きたいと思います。
国民全体をみても年賀状を出すカルチャーは失われつつあるようですね。
メールで済ませてしまう人も多いことでしょう。

賀状を出すカルチャーの有無でその人を判断することはありません。
ただ、まったく同じ好感度を持つ人が二人いた場合、やはりカルチャーを持つ人により好感を持つと思います。

疎遠になっていた人から近況を伝える賀状が届いたり、たかが正月の慣習ではあるものの仄々としたドラマがあります。



できるなら、来年以降も元気な年賀状が届くことを願って止みません。
それには個々が健康であり、日本が戦争等の間違った国策を陥らず健全でなければなりません。

そして貧困で年を越せない人が少なからずいるようなこの国が、貧負の格差を解消して国民が安心して暮らせる国に生まれ変わることを祈らずにはいられません。

大横川親水公園1-14Ⅱ



コメント
[13] セブン上司 | 2016/01/16 19:36
だんちょう さん

そうですか、だんちょうさんは交友範囲も広そうですし相当な数になるのかも知れませんね。
私もある時期はかなりの数に達して、暮れの大掃除と共に年に一度の苦役と化していました。

ただ疎遠になったり、カルチャーの移り変わりで最近は苦にならない数に落ち着いています。
ご両親の訃報による喪中ハガキがここ1、2年増加していますが、ご当人自体も年々年を重ねている訳です健康に留意して欲しいと思います。
元気そうな賀状を見るとほっとする次第です。
[12] セブン上司 | 2016/01/16 19:29
Chisato さん

なかなか会えない距離にいる友人知人ですと、賀状が貴重な近況報告であり互いの元気の確認なりますね。
自分の知らなかった情報を知ることも少なくありません。

私は原則的に前年といただいた方に出していますが、郵便事故等で届かなかったケースも時にあるのかも知れません。
日本的なカルチャーなのかも知れませんが、私は好きですね。^^
[11] セブン上司 | 2016/01/16 19:19
オトシブミ さん

仰るとおり、虫屋さんは出す人出さない人がハッキリ分かれます。
出す習慣を持つ人の賀状はかなり凝ってものが多いですね。
私のところにも虫友たちから多数の賀状をいただきますが、感心させられるケースが少なくありません。
遊び心を持つ人が多いのでしょうね。^^
[10] セブン上司 | 2016/01/16 19:14
小町 さん

確かにパソコンのソフトで作成すると綺麗に仕上がり、楽ですよね。
もう貰う賀状の9割近くがそういうスタイルですが、あくまで自筆に拘る方もいてそれはそれで素晴らしいと思います。
毛筆で、宛名からすべて書くって心がこもっている感じで、嬉しさも倍増かも知れません。^^

[9] セブン上司 | 2016/01/16 19:10
YUI さん

それはそれでいいんじゃないですか!
メールが最近のトレンドであり、カルチャーであるなら別に構わないと思います。
そのどちらもしない人も少なくないですね。
本人の自由ではありますが、ちょっと寂しく感じます。
[8] セブン上司 | 2016/01/16 19:05
平和を願う一市民 さん

ご賛同ありがとうございます。
元旦の郵便受けに賀状が入っている光景は、やはり嬉しいものですよね
仰るとおり、書く習慣がない人が増えている傾向はありますが昔からそういう人は少なからずいたと思います。
PCやスマホで済ませる人はそれはそれでいいと感じます。
私の場合は出したい人が要る限り、出し続けますね。
一年の平穏を感謝し、新年を無事に迎えられる気持を表すために~^^
[7] だんちょう | 2016/01/16 08:21
おはようございます。

年賀状は大事ですが年を重ねる度に枚数が増えていきます、ある時期に減らそうと今度は努力しますぼくは今その時期にさしかかっています。

[6] Chisato | 2016/01/15 22:53
前はすべて年賀状にしていたんですけど、最近はスマホメールと半々くらいかも知れません。
出す習慣のない人はちょっと面喰ってしまうみたいです。
会う機会が減ってしまったら、やはり賀状って重要かも知れませんね。
賀状をくださる方はやはり大事にしようと思います。
[5] オトシブミ | 2016/01/15 22:49
出す人出さない人で分かれてしまいますが、毎年結構凝った賀状をくれる人が数人います。
特に虫屋さんは画像入りでの賀状が多いです。

やはりメールとは違う良さがあります。
十二支を虫に無理に置き換えている人も多いですね。(笑)
[4] 小町 | 2016/01/15 22:44
私は書く方ですよ~♪
昔と違ってパソコンで作ると簡単ですものね。
そこに自筆で書き加えて出しています。
面倒くさいと思ったことないですよ~
[3] YUI | 2016/01/15 21:48
えっ、そうなんですか!(@_@;)
わたしはスマホのメールで済ませちゃってます。(*^_^*)
でも年賀状って貰うと嬉しいので、セブンさんの言っていることも分かりますよ。(^^ゞ
[2] 平和を願う一市民 | 2016/01/15 21:44
賀状に対する考え、私もセブンさんと同感です。
書くのが面倒に感じることもありますが、年が明け届いて年賀状をみると正月気分を体感できます。
最近は出す習慣がない人が増えているみたいですね。
それは個々の判断に委ねますが、私は出し続けると思いますね。
[1] 平和を願う一市民 | 2016/01/15 21:44
賀状に対する考え、私もセブンさんと同感です。
書くのが面倒に感じることもありますが、年が明け届いて年賀状をみると正月気分を体感できます。
最近は出す習慣がない人が増えているみたいですね。
それは個々の判断に委ねますが、私は出し続けると思いますね。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):