RSS

政治の酷さをプロレスと同じと言うのは間違っています。

「報道ステーション」の古館キャスターが3月に降板するようです。
プロレス中継の名アナウンサーとして脚光を浴び、その後いろんな分野で成功を収めた多才な古館さんだけに、政治の裏側を知り暗部に接して「プロレスと同じです」なんて言っては欲しくないなあと思ったプロレスファンは多いのではないでしょうか。

私のHPをご覧いただいた方なら、私が大のプロレスファンだとお分かりいただけると思います。
それも昭和プロレスのファンです。
プロレスなんてショーだという人はいても、あの鍛え上げられた肉体は紛れもなく本物で最強の格闘技であると言いたいとことですが、総合の選手と戦うとプロレスラーがころころ負けてしまう現実があります。

これは恐らく総合のルールに基づいて総合の形式則って行われた結果であるともいえます。
丸い土俵でまわしを締めて戦ったら、力士が最強であることは間違いありません。
プロレスの危険な技は日頃の練習により受け身をとることができ、最小限のダメージで済んでいます。
技をかける方とかけられ方との信頼関係も大事です。
相手の技を絶対に受けるものかとデフェンスしたら、互いにそうそうかかるものでありません。
相手の技を敢えて受け、強靭な肉体で凌いで今度は自分が大技をかける・・・・それがプロレスの醍醐味ですね。


それと国会中継は同一視することが間違っています。
官僚の作ってくれたあんちょこ(漢字には全部ルビが振ってある)ここで水を飲むとか具体的に書いてあるそうです。
それを暗記したり、理解して頭の中に入れることなく、下を向いたまま棒読みしているのはプロレスどころではなりません。
三流の大根役者のやることです。

自分の言葉で答弁できない政治家、予め質問内容を聞いていて解答用紙を読み上げるだけ、予定にないことを質問されるとまともに答えなかったり、逆切れして攻撃的になったり・・・およそプロのやることではありません。
その点、プロレスラー(特に昭和プロレスのレスラー)はプロでした。

当HPのアルバムでのプロレスの人気№1は、

●昭和プロレスの名レスラー

バロン・フォン・ラシク
妖獣バロン・フォン・ラシクが1位でした。
犬神家の一族のスケキヨみたいな風貌、そして表情だけでも銭が取れる千両役者でした。
ブレーンクローの使い手の悪役レスラーでしたが、リングを降りると物静かなインテリで、子煩悩だと言われています。

●ベストタッグチーム

ジ・アウトローズ
私の予想に反して、狂犬ディック・マードックと極道ダスティ・ローデスのジ・アウトローズが1位でした。
実力者として定評があったマードック、後にアメリカン・ドリームとして大ブレークするローデスとのコンビはやはり一級品だったと思います。

●必殺技

カーフ・ブライディング
ディック・マードックのカーフ・ブライディング(子牛の焼印押し)が1位です。
痛みがストレートに伝わる豪快な技です。
不思議に藤波選手に仕掛けられことが多かったですが、受身の上手さでの信頼関係があったのでしょうね。

●ミル・マスカラスの仮面コレクション

ミル・マスカラス(鮫口)
千の顔を持つマスカラスですので、意見が分かれるところだと思いますが鮫口のデザインのマスクが1位でした。
初期の頃のマスカラスは毎試合違う仮面で試合をしていて、ファンタジック且つミステリアスな魅力がありました。
ある時期からトレードと呼ばれるマスクに統一してしまいましたが、私的には魅力
半減です。


昭和プロレスを強調していて、最近のプロレスはダメなのかというと全然そうでもないと思います。
ただ、最近のレスラーはやたらサポーターだとプロテクトだのを当たり前に着けていますが、昔のレスラーはそんな物は着けず、シンプルな凄みがありました。

レスラーも政治家も昔の方が佇まいがあり、プロとしてのプライドと威厳があったと感じるのは間違いないと思います。
プロレスラーの方は最近のレスラーに関しても高く評価できますが、政治家に劣化だけはどうにもなりません
国会をプロレス呼ばわりしたら、レスラーが可哀想だと思います。



コメント
[21] セブン上司 | 2016/01/18 22:48
マジョ さん

そうですそうです、街頭テレビに人だかりだったんですよね。
敗戦後、外人コンプレックスだった日本ですから、力道山がカラテチョップで大男の米国人レスラーのシャープ兄弟らをバッタバッタとなぎ倒す姿に溜飲を下げました。

プロレスは観賞用スポーツであり筋書きもあります。
しかしながら練習を重ねて危険な技を跳ね返す強靭な肉体を作り、どんな戦い方もできるプロの格闘者なんです。
観客を驚嘆させ堪能させるアーチストでもあるんです。

何も努力もせず、官僚の作ってくれたあんちょこをたどたどしく棒読みする人と大根役者と一緒にしては気の毒です。
私はそれを言いたかったし、古舘氏にはそんな言葉は吐いて欲しくなかったですね。

プロレスの試合は通常は約束事があっても、時に相手がガチンコで来た場合は受け止めて敢然と迎え討ち叩きのめす覚悟と力量をレスラーは持っています。
予定外の質問をされて話をすり替えたり、逆切れする劣化しまくりの政治家とは違います。
彼らはおためごかし、茶番という言葉が適切ですね。
[20] マジョ | 2016/01/18 20:20
すみません! セブン上司さんがプロレスが好きとは
存じませんでした。
私も昭和のプロレスしか知りません
子供の頃隣のパン屋さんに街頭テレビがあり
黒山の人だかりの中で観ましたよ

さて、国会中継はネットで観ますが
官僚作文を読むだけ。
何の抑揚も無く早口には良いかもしれません
それ以外の質問があれば、聞いてない!とキレるありさまです
プロレスと同じにされたくないという事ですね
プロレスがお互いにわかってやっていたとは全然知りませんでした
それだけ、本物に見えました。
今は、子供でも嘘だとわかるお粗末さです
[19] セブン上司 | 2016/01/18 18:58
クリスマスローズ さん

お気遣いありがとうございます。
有難いことに最近アクセス数がだいぶ増えておりましてそのお礼の意味と、時に政治ネタとは違う切り口のブログも書いてみたかったんです。
多趣味であるため書くネタには困らないのですが、昨今の日本の危ない状況を考えますと、やはり当面は政治ネタが優先だと考えています。

咬みつくレスラー、銀髪鬼とも吸血鬼とも呼ばれるフレッド・ブラッシーのことですね。
WWAの世界王者で流血殺法が得意で、力道山はかなり苦戦していましたね。
咬みつきと急所打ちのダーティなレスラーながら、実力的には一流でした。
リングを降りるとジェントルマンで、日本人女性と再婚し添い遂げる人生を送っています。
4の字固めで有名なザ・デストロイヤーもそうですが、ファンを熱狂させた名レスラーが輩出したのが昭和プロレスです。。
こういうプロの中プロのレスラーが重厚な必殺技を披露しました、そしてその佇まいからして最近のレスラーとはまるで違います。^^
[18] セブン上司 | 2016/01/18 18:33
だんちょう さん

金曜日の8時に生中継されていた頃がプロレス人気のピークだったような気がします。
今は深夜にやっているようですが、さすがに見ていません。
でも最近プロレスの人気が上がっているようです。

昭和プロレスは外人レスラーが素晴らしく、鉄人、荒法師、発電所、鉄の爪、帝王、魔術師、生傷男、魔王、殺人台風、銀髪鬼・・・ニックネームだけでワクワクするような時代でした。
今は日本人同士の戦いが主流で面白みが半減です。

アニメのタイガーマスク好きでしたよ。
エンディングソングの「みなし児のバラード」は最高でした。
きん肉マンも見てましたよ。
超人や怪人レスラーらのバトルが面白かったですね。
[17] セブン上司 | 2016/01/18 18:21
ノンマルトの使者 さん

お久しぶりです。
おお、随分プロレスにお詳しいですね。
マードックとローデスのジ・アウトローズは荒っぽくて生きがよかったです。
実力はあってもトンパチなマードックはNWA王者になれませんでしたが、ローデスの方はファンの心を掴み三度も王座に君臨しています。
新日では特別参加が多かったですが、ローデスが来ると華やかになり私の好きなレスラーの一人でしたね。
[16] セブン上司 | 2016/01/18 18:00
ダークナイト さん

カーフ・ブランディング(子牛の焼印押し)は迫力満点の見映えのする技ですが極めて危険な技です。
受身の達人の藤波選手だから受けていますが、他のレスラーだったらアクシデントを起こしているかも知れません。


反面、他のプロ格闘技では出ない技が繰り出されるのがプロレスの魅力です。
危険と背中合わせて試合をしていることを、理解してあげるべきですね。
[15] クリスマスローズ | 2016/01/18 13:46
セブン上司さんの新年早々の数々のスピーディなコメントに驚いています。
あまりご無理しないでくださいね。
プロレスは当時父と兄が相手の額にに噛みつき血をながすレスラーのシー
ーンを興奮して食事も手を休めて観ていたことを思いだします。生徒たち
がその時代時代に話題にしていたいました。
いい昭和の時代でしたね。
[14] だんちょう | 2016/01/18 08:48
おはようございます。
セブンさんはプロレス大好きですね(~▽~@)♪♪♪

ぼくはほとんど見たことがないんですが昔は夜にプロレス番組をよくやっていた印象がありますが、最近はまったくやってないですよね?


プロレスが好きなセブンさんはきん肉マンも好きなんですか?
[13] ノンマルトの使者 | 2016/01/17 23:22
お久しぶりです。
今回はプロレスネタですね。
ジ・アウトローズ覚えています。
何故かマードックはNWAを奪えずローデスの方がチャンピオンになりましたね。
ローデスは新日に合わないように感じましたが、結構扱いがよかったように思います。
評価しない人もいますが、華はありました。
[12] ダークナイト | 2016/01/17 23:16
カーフ・ブランディングという技は効きそうですね。
こういう技を受けてもケロっとして起き上がってくるのは、やはりレスラーの体が頑丈なんだと感心します。
鉄の爪のエリックは知っていましたが、バロン・フォン・ラシクは知りませんでした。
確かにスケキヨみたいで不気味ですね。
[11] セブン上司 | 2016/01/17 22:43
オトシブミ さん

マスカラスは入場曲のスカイツリーで人気が再燃しましたね。
日本TVのスタッフは入場曲を選ぶセンスがあり、ファンク兄弟の「スピニング・トーホールド」ブッチャー、シークの「吹けよ風呼べよ嵐」ロビンソンの「ブルーアイド・ソウル」とか秀逸でした。
その反面、鶴田のテーマソングはよくなかったですね。

[10] セブン上司 | 2016/01/17 22:35
YUI さん

あはははは~
ラシクは見るからに悪役タイプですよね。
でもアマレスで慣らした選手で、基本ができていたレスラーです。
正統派でも十分やれたのに、敢えて悪役に徹していました。
その憎々しげな表情だけでも銭がとれる一流レスラーでしたよ。
[9] セブン上司 | 2016/01/17 22:30
小町 さん

昔は新日派と全日派に分かれていましたね。
過激な新日と楽しい全日的な違いがあり、特徴が出ていました。
タイガー・ジット・シンは猪木とスウングしましたし、マスカラスも全日で人気を博しました。
ロビンソンは猪木とベストバウドした後、全日に転出してからはぱっとしませんでした。
体調的にピークを過ぎていた感じです。
[8] セブン上司 | 2016/01/17 22:20
クジラのベーコン さん

プロレスがゴールデンタイムに放映されていた頃がピークだったと思います。
今も放映されているのでしょうが、深夜帯であったりで一般の人が目に触れる機会がなくなっています。

昔は幻の強豪というレスラーたちが日本を来襲するのがとても楽しみでした。
日本人同士もいいですが、それが主流になると興味が半減します。
殺人台風ドン・レオ・ジョナサン、怪力でアクロバチックな動きもする一流レスラーでした。
ハイジャック・バックブリーカーは豪快でしたね。
[7] セブン上司 | 2016/01/17 22:12
平和を願う一市民 さん

プロレスは大人のメルヘンみたいな感じでいいのではないかと思っています。
あんな危険な技のかけ合いをし、楽しませてくれるのは日頃の鍛錬あってのものですよね。
それを官僚の作ったあんちょこを棒読みの政治家と同じにするのは気の毒に感じました。
仰るとおり、今の日本にはアンパイヤやレフリーも行司もいません。
作為的な酷いシナリオを大根役者の政治家が演じているだけですね。
[6] オトシブミ | 2016/01/17 21:21
マスカラスのことは覚えています。
入場曲スカイハイでしたっけ!
あ、そうそうテリーも人気ありましたね。
[5] YUI | 2016/01/17 21:18
わぁぁぁ~ラシクさん怖そう!(@_@;)
子牛の焼印押しってこのまま倒れちゃうんですか!((+_+))
痛そうwww
[4] 小町 | 2016/01/17 21:14
父が大好きでしたよ。

猪木さんの方、新日を応援していました。
シンて怖かったのを覚えています。
わたしはロビンソンとかマスカラスが好きでしたよ。
[3] クジラのベーコン | 2016/01/17 21:10
セブンさんは本当にプロレスにお詳しいですね。
私も馬場さんや猪木さんが活躍した時代が一番よかったと思います。
今度はどんな外人レスラーがやって来るのかとても楽しみでした。

日本人同士が主流になってから、ちょっと面白みがなくなったように感じます。
私はドン・レオ・ジョサンが好きでしたね。
[2] クジラのベーコン | 2016/01/17 21:10
セブンさんは本当にプロレスにお詳しいですね。
私も馬場さんや猪木さんが活躍した時代が一番よかったと思います。
今度はどんな外人レスラーがやって来るのかとても楽しみでした。

日本人同士が主流になってから、ちょっと面白みがなくなったように感じます。
私はドン・レオ・ジョサンが好きでしたね。
[1] 平和を願う一市民 | 2016/01/17 21:06
う~ん、なるほど!!
仰りたいこと、凄くよく分かります。
プロレスの過剰な演出は罪がありませんが、政治に世界はそれではダメです。
確かにプロなんて言葉が恥ずかし過ぎる政治家ばかりですからね。
今の政治はレフリー(マスメディア)を買収してしまっている感じです。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):