RSS

「ABE is OVER」「ピース・ウィル・カム」~ライブで充実した連休だった。

春の三連休が終わった。

今年はライブを中心に終わった感があり、お彼岸の墓参りにはやっと今日行くことができた。

20日は「ABE is OVER」と題したライブが開催され、私も飛び入り参加で数曲歌って来たところである。
私が歌ったのは「私たちの望むものは」「時代」「さよならは●●への言葉」の3曲。

ABE is OVERⅠ

「私たちの望むものは」

私たちの望むものは 生きる苦しみではなく
私たちの望むものは 生きる喜びなのだ
私たちの望むものは 社会のための私ではなく
私たちの望むものは 私たちのための社会なのだ
私たちの望むものは 殺し合いをすることではなく
私たちの望むものは 手を取り合って生きることなのだ
私たちの望むものは 監視されることではなく
私たちの望むものは 自由に暮らせることなのだ

今ある不幸せに とどまってはならない
まだ見ぬ幸せに 今跳び立つのだ

私たちの望むものは 沖縄を見捨てることではなく
私たちの望むものは 沖縄を取り戻すことなのだ
私たちの望むものは 何処かの国に支配されることではなく
私たちの望むものは 私たちの国の自立なのだ

今ある不幸せに とどまってはならない
まだ見ぬ幸せに 今跳び立つのだ

私たちの望むものは 一億総活躍火の玉なんかではなく
私たちの望むものは 一人一人の大事な人権なのだ
私たちの望むものは ●●●●●●と生きることではない
私たちの望むものは ●●●●●●とさよならすることである

今ある不幸せに とどまってはならない
まだ見ぬ幸せに 今跳び立つのだ

私たちの望むものは
私たちの望むものは


他の出演者は歌もギターも上手く、オリジナルの曲を披露する人が多かったけれども、私は私自身がそうであるように、知っている曲を聴きたい・歌いたいということのニーズを念頭に選曲した次第。

拙い歌であっても歌詞に賛同をしていただいたり、一緒に唱和してもらったりしたのは幸甚であった。

このライブは毎回ユニークな新しい試みが盛り込まれ、他のライブとはひと味違う点が大変素晴らしいと思う。

ABE is OVERⅡ

ラストはIKEDOWさんが迫力ある渾身のステージでばっちりと決め、ライブは終了!

この後の打ち上げ飲み会がまた格別で、泡盛を中心に(ビール党で日本酒系統は苦手な私は手を出さなかったが)ご馳走が並び、話も盛り上がり楽しい一日であった。


翌日の21日は「ピース・ウィル・カム」というライブに招待されていてどうしたものかと迷っていたが、中川五郎さんが出演、そして地元の墨田区で開催という。
それに前日の「ABE is OVER」で私のファンになっていただいた複数の方たちが同行したいということもあり、参加を決めた次第。

「ピース・ウィル・カム」はそのタイトルのようにアットホームな感じの同窓会的な雰囲気だった。
墨田区で教師を務めていた川原氏とその教え子たちによるライブという雰囲気で、先生も生徒も音楽的に素晴らしい。
このような型破りの教師が同じ墨田区にいらしたことは実に感動的で、生徒たちはとても恵まれていたと思わずにはいられない。

ピース・ウィル・カムa

ピース・ウィル・カムb
川原氏が涙ぐみながらもう一人の方と披露した、教え子を戦場に送る悲しみを歌った曲はじんと来るものがあった。

ピース・ウィル・カムc

そして最後は中川五郎さんが登場!
前回の反戦ライブとは少し趣が違う五郎さんであったが、そこは五郎さんの懐の深さなのだろうと感じる。
ライブ終了後に五郎さんと堅い握手を交わして開場を後にした。

今回のライブに誘ってくれた無頼庵氏は体調不良により疲労困憊のようであったが、帰りがけにぶらいあんずのメンバーで軽く一杯やりながら、街宣音楽隊の活動も含めて楽しく意見交換をした。

私見ではあるが歌に対する思いはそれぞれに違うのだろうけど、反戦歌もプロテストソングも生活の歌もラブソングも括りをつける必要はないように感じた。
昨今のように平和が著しく脅かされている状況下では、プロテストソングしが聴きたくない歌いたくないと感じている人も少なくないだろう。
私も多分それに近い気持ちは持っているが、過度に狭義に陥ることは避けたいとも感じてもいる。

但し、極めて危ない流れが進行中であることは間違いなく、我々は言葉でも歌でもその思いを最大限に伝えていかなくてはならないと感じている。



コメント
[26] セブン上司 | 2016/03/25 19:40
BLOG BLUES さん

当日は企画、進行、実演と大忙しでしたね。
本当にお疲れ様でした。

あの後アルタ前で歌ったとの情報はいち早く耳に入っていますよ。
とてもいいことだと思います。
心ある者同士どんどん繋がり、そして思考停止している人びとを巻き込みましょう!

政権が死ぬほど恐れているのは国民が声を上げること、そして繋がることです。
サイコパスな裸の王様に日本を破滅させられてはなりません。
一緒に頑張りましょう!
[25] セブン上司 | 2016/03/25 19:23
ダークナイト さん

「ピース・ウィル・カム」の方は特に反戦やプロテストがテーマのライブではありませんでしたが、やはりこの時世ですからそういった曲もちりばめられていました。

歌のタイトルは忘れましたが、川原先生がもう一人の方の詩の朗読に涙ぐみながら歌った反戦歌には胸を打たれました。
生徒さんたちの中でも反戦をイメージした曲があったように記憶しています。
ライブの最後に昨今平和を蔑ろにする動きがあるが、それに負けないように頑張りましょうというコメントがなされました。
文字通り日本をもとより世界中、「ピース・ウィル・カム」となるようにしたいものです。
[24] セブン上司 | 2016/03/25 18:29
クジラのベーコン さん

参院選への駆け引きはもう始まっていますが、マスメディアを掌握してしまっている与党に比べ、野党は共闘にもたついている感があり出遅れが目立ちます。
ここで止めないと日本の未来がなくなるという危機感を、もっと切実に持って欲しいと思います。

先の大戦とまったく同じようなことが繰り返そうとされているのを、ただ手をこまねいていては絶対にならない筈です。
そんな方向に導こうとしている連中にハッキリとNOを突きつけて、日本の平和を守りましょう。
黙っていては絶対ダメなんです。
私たちの国は私たちが守る・・・その気持ちが大事ですね。
[23] BLOG BLUES | 2016/03/25 16:35
「ABE is OVER!共闘LIVE」へのご参加、そしてブログでのご紹介、ありがとうございます。

当夜はあの後、飛び入りコーナーの一番手だった稲垣さんが参加している、日曜夜のアルタ前の抗議集会へ行き、そこでは僕が飛び入りで、1曲やってきました。主催者の方に、来週もぜひにと誘われたので、27日また行く予定です。

とにかく声を挙げ続けること、そして、出会いを大切に思いを共有している者同士、繋がっていくことだと思っています。「野党は共闘」だけでなく、「市民も共闘」ですよね。今後とも、どうぞよろしく。
[22] セブン上司 | 2016/03/25 12:07
keiko さん

曜日の設定が良かったような悪かったようなという感はあります。
通常の週末であればそうでもなかったと思いますが、三連休の中日となるあとやはり予定が入る可能性は強いですね。

歌う場所はホールでも路上でも特に問題ないと思います。
歌というものは、聴いてくれる人や一緒に歌ってくれる人がいると最高ですね。
今度、keikoさんの歌も是非聴かせてくださいね。^^
[21] セブン上司 | 2016/03/25 00:41
ゲジヒト さん

ほんとに日本の平和を守るための天下分け目の決戦になりますが、TVはアベチャンネルばかり、新聞は東京新聞と日刊ゲンダイだけが気を吐いているだけです。
戦前を思わせるような大本営報道そのものになって来ています。

参院選で与党に2/3の勢力を持たせてしまうと、言論統制、弾圧が始まる可能性が大です。
もう誰も声を出せない状況に追い込まれ、あの悪夢の戦争への道を歩むのだけは二度とご免です。
ひしひしと戦争の足音が近づいていることを、私たちは敏感に察知すべきです。
そして、何が何でも食い止めなければなりません。

[20] セブン上司 | 2016/03/24 23:03
TOMOKO さん

そうですよね。
フォークの原点は自分の思いを気持ちを込めて歌にすることだと思います。
美声であること、歌やギターを上手いことは問題ではないです。
どんなに美声でも、歌やギターが上手でも心に響かないってことよくありますよね。
反対に、拙くても心に残る歌というのは、間違いなく存在します。
私自身の後者になれたらと思う次第です。

本職の歌手でもない限り、卓越して上手でなくてもそんなこと関係ないと思っています。
気持ちが籠もったTOMOKOさんの歌、是非聴かせてください。
[19] セブン上司 | 2016/03/24 22:43
平和を願う一市民 さん

参院選を控え何が何でも与党で2/3を独占して、改憲に持って行きたい執念のようなものを感じます。
それは逆に立憲主義の終焉を意味し、日本崩壊へのターニングポイントになります。
それをマスメディアが伝えない中で、国民は正しい選択が出来るでしょうか。
国民の自覚がないままに、ワイマール憲法下でナチス独裁が実現したことを、再現しようとしている今の動きは極めて深刻です。
悪夢を繰り返してはなりません。
[18] セブン上司 | 2016/03/24 21:33
小町 さん

最近集会で歌っている人をよく見かけますね。
プロテストソングでも生活の歌でもラブソングでも、思いを音楽に乗せて伝えるのが歌の原点だと思います。

この詩に、皆さんの思いをさらに加筆してそれぞれの「私たちの望むものは」を歌えばいいと感じています。
小町さんなら、もっとストレートな歌詞が入るかも知れませんね。
[17] セブン上司 | 2016/03/23 22:04
アイアム・ノット・アベ さん

現政権がいいと思っている人は少ない筈ですが、最悪の状況なんかになりっこないとか、首相がコロコロ代わるのはよくない、次を任せる人がいないとかの消極的支持の人がかなり占めているのだと思います。

何の不都合もないのに無理矢理に憲法を変えてまで戦争をできる国にし、そして主権を国家に置き国民の人権を認めない恐怖の独裁制に持ち込もうとする動きに気がつかないのは、なんとも悲しい現実だと思います。
このまま参院選に突入した場合は、最悪の未来が待ち構えていますね。
まさに正念場です。
[16] セブン上司 | 2016/03/23 18:52
今日子 さん

そうでしたか!
「時代」は今の私たちの気持ちが込められていて、私も好きな曲です。
私と一緒に唱和してくれた方々がいました。
墨田区での先生と生徒のライブはアットホームな雰囲気に包まれてGOODでしたよ。
世代、時代を超えて音楽って繋がるんですよね。
あのような先生に出会えて、生徒たちはとても恵まれていたと思いました。
[15] セブン上司 | 2016/03/23 18:46
YUI さん

あはははは~ 煽てるのやめてください。(笑)
カラオケみたいに個室で伴奏に合わせて歌うのではなく、自分でギターを弾きながら歌う上に観客もいるのですから緊張します。
今度都合がつけばYUIさんも来てください。
一緒に歌いましょう~♪
[14] セブン上司 | 2016/03/23 18:41
奴らを通すな さん

ありがとうございます。
岡林信康さんの原詩もいいのですが、昨今の日本の危機的な状況を鑑み加筆しました。
ほんとは、もっともっとありますよね。
この詩は賛同してくれる人が少なからずいて、拡散したいと申し出てくれた人もいます。
はい、歌って欲しいです。
そして個々がさらに加筆して欲しいと思います。
[13] セブン上司 | 2016/03/23 18:36
Chisato さん

はい、恥ずかしながら歌いました。
今回は3連休の中日で、予定が入っている人が多かったですよね。
そうなんです、1週ずれていたらとか1日でもずれていたら行けたのにという人が結構いたんです。@@
ありがとうございます。
聴かせるレベルの歌ではないと思いますが、今度是非聴いてやってください。^^
[12] ダークナイト | 2016/03/23 15:08
音楽で繫がるって素敵ですね。
世代を超え、先生と生徒が一緒にライブするって素晴らしいと思います。
ご紹介にあった先生が教え子を戦場に送る悲しみを歌うというような、状況にならないことを強く願いたいです。
[11] クジラのベーコン | 2016/03/23 15:01
参院選も近くなり、このようなライブを行う意義もより高まって来ますね。
消費税増税を見送り、国民に歩み寄るような演出が選挙戦までいろいろと続くと思います。

「報道ステーション」でワイマール憲法を取り上げていましたが、国民が気がつないうちに緊急事態条項を制定されたら大変なことになります。
古舘さん降板以降も「報道ステーション」頑張って欲しいですね。
[10] keiko | 2016/03/22 23:15
残念!
日にちが合えば、わたしも行きたかったです。
セブンさんが仰るように知っている曲の方が、一緒に歌える良さがあるように感じます。
大きなホールよりも、こじんまりしたライブ会場の方が親近感が湧いていいでしょうね。
私も一度行ってみたくなりました。(*^^)v
[9] ゲジヒト | 2016/03/22 23:07
お疲れ様でした。
3月ももう終わり参院選まであと3ヵ月ちょっとしかありませんから、のんきにしていられないです。
やっと民進党が誕生しましたが、共産や社民、生活も団結してなんとか参院勢力がねじれになるよう頑張って欲しいです。

NHKを筆頭にほとんどがアベチャンネルになっている現状は厳しいです。
それを鵜呑みしてしまう国民がまだまだ多くいますからね。
ネットには引っかき回す行動隊もいますし、四面楚歌の状態は続きますが風を起こしたいですね。
[8] TOMOKO | 2016/03/22 23:00
いいですね!
セブンさんが仰っているように、プロテストソングでもラブソングでも歌うって重要だと思います。
さすがに演歌は苦手ですけど、フォークやニューミュージックは大好きです。
私もいつかライブで歌ってみたいな。無理ですけど。(^v^)
[7] 平和を願う一市民 | 2016/03/22 22:49
おお、いいですね!
「ABE is OVER」って言葉に凄く感情移入します。
「ノーモア」というのもあったと記憶してますが、そのくらい切実に感じている人は増えていると思います。
与党はもうなりふり構わず参院選勝利にのめり込んでいて、それさえ果たせはもう何でも好き勝手できるとあらゆる策略をめぐらしていますね。
マスメディアが死んでしまった以上、国民が立ち上がるしかないんです。
消費税先延ばし等でまた国民を騙しそうで、要注意です。
[6] 小町 | 2016/03/22 22:34
わお!セブンさんやる~
そういえば最近、国会前や集会でギターを持って来て歌っている人をよく見かけます。
もうみんな、黙っていられないという気持なんですよね。
この詩いいですね、頂きます。
私の知人にも街宣やっている人結構いますから、拡散させていただきますね。
[5] アイアム・ノット・アベ | 2016/03/22 22:30
まず、ライブのタイトルからして最高です。
国会前でも、ホールでもこういった活動は絶対に必要だと思います。
日本の場合、行動に出ないもの言わぬ国民性が、非人間的な政権を増長させていますよね。
そして行動に出ればSEALDsのように叩く、これでは暗黒政治が益々のさばります。
あまりにも危機感がありません。
これはかなり深刻な問題であり、思考停止からの脱却が必要です。
[4] 今日子 | 2016/03/22 22:18
お疲れ様でした。
画像を拝見して、雰囲気が伝わってくるようです。
私、「時代」が好きなんですよ。
一緒に歌いたかったです。
墨田区のライブも楽しそうですね。
先生と生徒が一緒にライブを行うなんて素敵です。
[3] YUI | 2016/03/22 22:14
素敵!
セブンさんの歌を聴きに行きたかったです。!(^^)!
カラオケと違ってライブで歌うって緊張しそうですね。(*^_^*)
2日続けてのライブ、楽しかった様子が伝わってきますw~(^^ゞ
[2] 奴らを通すな | 2016/03/22 22:09
「私たちの望むものは」詩が最高ですね。
セブンさんが作詞されたんですか。
まさにこの詩のとおりです。
私たちの望んでいないことばかりが、勝手にどんどん進行中です。
みんなでこれを歌わなくてはいけませんね。
[1] Chisato | 2016/03/22 22:04
わぁ!凄い!ライブで歌ったんです!
私、ほんとは行きたかったんですけど、前から決まっていた予定があり行けませんでした。
次の週とかでしたら、行けたんですけど・・・・
セブンさんの歌を聴きたかった~(*^_^*)
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):