RSS

心に響いた女子大生から総理への手紙

戦争法案反対のムーブは日増しに拡がっています。

国会前での抗議集会には、およそこういう場には似合わないごく一般的な市民が続々と参加しています。

昨今のこの上なく危ない状況にもう居ても立っても居られない、もうとてもじゃないが黙っていられない・・・そんな思いが人々を心を駆り立てています。

毎週金曜日の夜にはSEALDs(日本の自由と民主的な社会を守るための緊急アクション)の若者たちが渾身のメッセージを発信し、老若男女すべての層の共感を得ています。

24日には政権の退陣を求める市民7万人が国会周辺に押し寄せ、首相経験者や学者、様々な方がスピーチし、法案反対を訴えました。

その中で、女子大生が総理に向けた手紙を読み上げました。


「こんばんは、今日は安倍晋三さんに手紙を書いてきたので読ませていただきます。

先週、衆院安全保障特別委員会で、安保法案がクーデターとも言われるかたちで強行採決されました。
沖縄では、県民同士を争わせ、新たな基地建設が進められています。
鹿児島では、安全対策も説明不十分なまま、川内原発を再稼働させようとしています。

一方では、東北には、仮設住宅暮らしを4年以上続けている人は、まだたくさんいらっしゃいます。
あなたはこの状況が、美しい国・日本のあるべき姿だと言えますか?

アメリカは、「自由と民主主義」のためとして、世界中に基地をかまえて、紛争地域を占領し、市民の生活を脅かし、そして9-11のあとに、「対テロ戦争」として無差別殺人を繰り返してきました。

後藤健二さんが殺害された時、私は、日本がアメリカのようなテロの戦いを始めるんじゃないかと思って、とても怖くなったのを今でも覚えています。

しかし、日本はアメリカと同じ道を辿ってきていないし、これからも辿りません。

被爆国として、軍隊を持たない国として、憲法9条を保持する国として、私たちは、平和について真剣に考え、構築し続ける責任があります。
70年前に経験したことを、二度と繰り返さないと、私たちは日本国憲法をもってして誓ったんです。

武力に頼る未来なら私はいりません。
人殺しをしている平和を、私は平和と呼びません。
いつか私も自分の子どもを産み、育てたいと思っています。
だけど、今の社会で子どもを育てられる自信なんかない。

安倍さん、私のこの不安をぬぐえますか?
子どもを持つ親御さんたちに、安心して子育てができる社会だと言えますか?
福島の子どもたちに、安全で健康な未来を約束することが出来ますか?
沖縄のおじいやおばあに、基地のない島をし返すことはできますか?

自分の子どもが生まれた時に、真の平和を求め、世界に広める、そんな日本であってほしいから、私は今ここに立って、こうして声を上げています。
未来を想うこと、命を大切にすること、先人の歩みから学ぶこと、そんな当たり前の大事にする社会に私はしたいんです。

家に帰ったらご飯を作って待っているお母さんがいる幸せ、ベビーカーに乗ってる赤ちゃんが、私を見て、まだ歯が生えていない口を開いて笑ってくれる幸せを、仕送りしてくれるお祖母ちゃんに「ありがとう」と電話して伝える幸せを、好きな人に教えてもらった音楽を帰りの電車の中で聞く幸せを、私はこういう小さな幸せを「平和」と呼ぶし、こういう毎日を守りたいんです。

憲法を守れないこの国の政府は「この道しかない」とか行って、安倍政治を肯定しようとします。
平気で憲法違反するこの国の政府に、どうしたら国際社会の平和を構築することができるのでしょうか。

国会で野次を飛ばすような稚拙な真似をしてみたり、戦争を近所の火事に例えたり、粛々とあの美しすぎる大浦湾を埋め立てようなんて、私は理解できません。
あなたの一切の言動に、知性や思いやりのかけらを感じたことはないし、一国民としてナメられている気がしてなりません。

安倍さん、私はこれ以上、私が生きるこの国の未来を、あなたに任せることはできません。
私は願う。一人ひとりが大切にされる、民主的で平和な明日を、あなたと一緒に作りたいとは思わないし、あなたと一緒に作れるとは思いません。

この場から見えるこの景色が、私に希望を与えてくれます。
安倍さん、あなたにもここに立って見て欲しい。
本気でこの国も未来を思い、行動する人たちの顔は、きっとあなたが永田町で毎日あわせる顔の何十倍も強さと希望にあふれているということを。

あなたの手の中で、民主主義もこの国の未来もありません。
ここにいる一人ひとりで勝ち取りましょう。

2015年7月24日。私は安倍政権の退陣を求めます」




スピーチが終わり、万雷の拍手が巻き起こりました。

彼女はまさしく、私たちの気持を代弁してくれたと感じ、熱いものが体の中を伝わりました。
彼女が希望を持つ光景、その中の一人に自分がいたことを心から誇りに思います。

安倍氏は真摯に返事を書く必要があります。

最近、抗議集会に出かけると、道路を遮断され非常識な迂回を強いられます。
交通規制ではなく、夥しい数の人が反対している光景を隠したいからです。

一部の新聞以外に、マスメディアでは報道されません。

国民を声を正面から受け止めようとせず、奇策を弄し、姑息な手段を用いて
強行突破してしまう。

そして彼等はこう思っています。
どうせ国民は時間が経てば忘れてしまうからと。
どうしようもない状況にして、国民を諦めさせると・・・・


SEALDs特有の唱和を求めるコール

「I say You say 民主主義って!(なんだ)」「国民!(ナメんな)
が心地よい。



前の記事
次の記事
COMMENT
[26] セブン上司 | 2015/08/04 18:37
すみれ さん

はじめまして、コメントをありがとうございます。
SEALDsの若者のスピーチは私たち一人ひとりが言わなくてはならない大事なことを思い出させ、言葉にして発信してくれていると感じます。

とかく陥りやすい無関心、アウトサイダーになりたくないだけの意味のない和や絆、物分りの良さ、聞き分けの良さ、過度な協調性、保身、現実逃避・・・黙っているだけが美徳でも最善の方法でもないことに気付かなくてはなりません。

誰かを、力の弱い人を、犠牲にして成り立つ社会であってならないと思います。
それが守られていないようでしたが、躊躇せずに声を上げなければダメですよね。

仰るとおり、70年間続いている平和は先人たちの血の滲むような努力と尊い犠牲によりもたらされたものです。
それを私たちは心から感謝し、そして今度は私たちが未来の同胞に繋げる役目があります。
まだ選挙権がない子供たち、これから生を受ける次世代に平和をありがとうと感謝される存在でありたいと思います。

私たち個々の力は微力ですが、力を合わせて平和の灯を守りましょう。

是非、度々お越しになってくださいね。^^
[25] セブン上司 | 2015/08/04 18:02
平和を願う一市民 さん

このところ。自民の議員の問題発言が後を絶ちませんね。
まあトップがあのレベルですのでお里が知れたもんですが、それにしても酷い。

SEALDsの若者に向けたコメントは聞くに堪えないものを感じました。
失言ではなく、確信犯的な恣意的偏執発言で聞き捨てなりません。

血税であんなレベルに議員報酬を払っているのかと思うと、やりきれない気持で一杯です。
根本的に社会を変えていかなくては、日本の未来はないと感じています。
[24] セブン上司 | 2015/08/04 17:48
小町 さん

抗議集会は熱いです。
そして回を重ねる毎にヒートアップしています。

もう自民なんか感じ悪いよねどころか、自民まじムカつくの様相ですね。
私も今こそ、解散総選挙をする必要を感じています。
[23] セブン上司 | 2015/08/04 16:58
ゲジヒト さん

国会前に行かれたんですね。
先週の金曜は、学生と学者が一体になっての画期的な集会となりました。

「民主主義ってなんだ!」「民主主義はこれだ!」
のコールが心地いいです。

過剰な警備、道路封鎖で集会に水をさそうと懸命のようで、極めて姑息ですね。
SEALDsに対する中傷も大きくなって来ました。
でもそんなことでは、このうねりは絶対に止められないと確信します。
[22] セブン上司 | 2015/08/04 16:52
でんでん虫 さん

私は生来、自民を支持していませんが、その自民でも以前は米国からの自立を模索する人、リベラルな考えも持つ人、政治家としても矜持を持つ人がいてバランスが取れていました。

昨今は、小選挙区制により党に異議を唱えると選挙時に公認されない、刺客を送り込まれる等のことを恐れ何も言えない状況なのかも知れません。

これほど国民が反対し憲法学者が違憲と突き付けているにも拘わらず反対意見が出て来ないのは異様です。
ある意味懐が深い部分があったかっての自民は完全に過去のものとなりました。
今、存在しているのは、全員金太郎飴状態の国民の声をまったく聴こうとしない米国追従しか選択肢を持たない利権集団です。
[21] セブン上司 | 2015/08/04 16:35
オトシブミ さん

最近抗議集会を牽引しているのはSEALDsの若者たちです。
彼等のコールは腹の底から込み上げるような凄まじい怒りです。

その迫力は年代を超えて支持を広げていますね。
是非いらして、コールを唱和してみてください。
[20] セブン上司 | 2015/08/04 16:30
アイアム・ノット・アベ さん

支持率を不支持率が上回っていますね。
ただそれでも未だに30%以上の支持というのが、どうも納得できません。

早く最新の支持率を知りたいところですが、もし30%台をキープしているとしたら国民の危機感のなさはもう救いようがないような気がしますし、そうでなければマスメディアによる改ざんとしか考えられません。

国民の関心のなさが、あのような邪悪な政権をのさばらす温床になっています。
[19] セブン上司 | 2015/08/04 14:59
keiko さん

この女子大生のスピーチはまさに正論であり説得力がありました。
嘘で固めた人の誤魔化しの論理とはまるで違います。

自分は安全な場所にいて、力の弱い者を騙して捨て駒のように使い捨てにする。
そんな人たちが強行採決しようとしている法案がろくなものである筈がありません。

多くの国民が関心も持ち、反対をするべきです。
[18] セブン上司 | 2015/08/04 14:36
アオタマ さん

こんな法案、何百時間審議しようが、どんなに丁寧に説明しようがNOなんです。

対案も修正案もあり得ません。
絶対に日本の近未来に大きな禍根を残す、とんでもない法案だとより多くの人に気付いて欲しいと願います。
[17] セブン上司 | 2015/08/04 14:29
かおり さん

お久しぶりです。
ここへ来て急速に拡大している法案反対の動き・・・

誰かさんは説明が足りないとか言っていますが、内容が分かっているから反対しているのです。

国民を守るためとか嘘を言うんじゃないと怒りたくもなります。
多少、政治に関心を持てばいかに酷い法案であるかがすぐに分かる代物です。
国民の手で止めなくてはなりません。

[16] セブン上司 | 2015/08/04 14:21
TOMOKO さん

あの場で聴いてじ~んと来ましたが、改めて文字起こししてみると改めてその思いが伝わって来る思いがします。

私はこのところずっと参加していますが、彼女以外の若者のスピーチはどれもみな同様に心に響くものばかりでした。
若者は無関心であるは当たっていません。
老若男女、世代を超えて、平和を願い戦争をに断固反対する気持は同じです。

学生と学者、若者と中高年が一体になって共闘しています。
[15] セブン上司 | 2015/08/04 14:04
マジョ さん

私はこの場にいて、彼女が手紙を読み上げるのをルアルに聴いた一人です。
活動家ではない普通の女子大生が立ち上がるのは、とても勇気がいったことと思います。

でももうとても黙っていられなかったのです。
彼女が希望を見い出す光景の中に集まった人たちは、同じようにとてもじゃないがガマンができないと立ち上がって行動に出た同志なのです。

「民主主義って、なんだ!」
「言うこと聞かせる番だ 俺たちが!」
「国民ナメんな!勝手に決めるな!」

あれだけ多くの人たちが思いを一つにした、心の叫びなんです。
日本を救うことができたら、夏を返上するくらいのことは朝飯前です。

この闘いは絶対に負けるわけにはいきません。
何故なら、日本の未来を守るための闘いだからです。
[14] すみれ | 2015/08/04 01:32
素晴らしい「手紙」を読ませて頂けて感謝します。

私たちが、私が今出来る事・・・それは一人一人がジャーナリストになって「平和っていいよね。」という気持ちを誰かに伝え続ける事です。

一人一人が、今の安倍政権に対する不信や不満、疑問を誰かに伝えて自ら描きたい「明日」を語る、政治家になる事かもしれません。

一人の力は弱くても、それは必ず伝わっていくものです。

私が伝えた誰かが、また他の誰かに伝えていく、
貴方が伝えた誰かが、別の誰かに伝えていく。

声を上げましょう。
私たち一人一人に責任があります。
先人たちの哀しみを、過去の間違いを忘れることなく、
確実に未来に「戦争のない日本」を手渡ししなければならないのです。

素晴らしい記事をありがとうございました。

また、伺います。
[13] 平和を願う一市民 | 2015/08/02 20:53
自民党議員のとんでもない発言が後を絶ちませんね。
安倍さん自体が野次を飛ばしたり品位を疑いますが、党員も同じレベルのようです。
昔の自民は人材が豊富で懐の深さを感じる部分はありましたが、昨今は金太郎飴状態で、劣化が著しいと感じます。
こんな危険な法案に対し異論を唱える人が村上さん一人というのは異常だと思います。

[12] 小町 | 2015/08/02 20:41
いつもお疲れ様です。

新聞やTVでは取りあげませんが、抗議集会熱いのですね。
最近私の周りでもその話題がよく出るようになりました。
石破さんが「なんか自民感じ悪いよね」と思われることに危機感を持っているみたいですが、そんな生易しいものではなく、嫌悪感を感じる人が急増していますよね。

今でも30%以上の支持率って信じられませんけど、時間の問題で20%台に落ち込むことは間違いないと思います。
解散総選挙をして国民の審判を仰ぐ必要がありますよね。
[11] ゲジヒト | 2015/08/02 20:32
皇居前に私も参加しましたが、凄い熱気でした。
学生と学者が一体になっての抗議集会は活気的ですね。

学者の方が「民主主義ってこれだ」と仰っていたのが印象的です。
絶対に戦争を止める、その思いであれだけの人が集まり心を一つにしコールする姿に感動を覚えました。
そして絶対に止められると確信した次第です。
[10] でんでん虫 | 2015/07/31 09:14
与党に良心がある政治家がいるのか?本音をもらす議員の続出!
平和の尊さ等基本的なことすら分からない人間に国会議員たる資
格はありません。国民の大切な血税をいかに幸福に結びつく政策
を考えるか原点から考えてもらいたい。
[9] オトシブミ | 2015/07/31 00:16
「民主主義ってなんだ!」「国民ナメるな!」と私も一緒にコールしたくなりました。
安倍さんなってから急速に日本が危なくなり、生活も厳しくなりました。
美しい国って、戦後レジームからの脱却、日本を取り戻すって、こんなことだったんですか!安倍さん~

[8] アイアム・ノット・アベ | 2015/07/31 00:07
不支持率が支持率を上回るのは至極当たり前のことです。
次の世論調査の結果が気になりますが、現状維持や万一持ち直したとしたらよほど国民の民度が低いか、マスマディアによる改ざんでしょうね。

違法であり、国民を不幸にする法案など審議するに値しないのです。
さっさと廃案にして、謝罪をし潔く辞任するしかありません。
[7] keiko | 2015/07/30 21:04
わあ、私とあまり年が変わらないのに、凄いと思いました。
私も友だちを話してますよ、このままでは本当に戦争になりそうだって。

今まで何もしなかった自分が恥ずかしいです。
できるだけ多くの人に、このことを伝えようと思います。

[6] keiko | 2015/07/30 21:04
わあ、私とあまり年が変わらないのに、凄いと思いました。
私も友だちを話してますよ、このままでは本当に戦争になりそうだって。

今まで何もしなかった自分が恥ずかしいです。
できるだけ多くの人に、このことを伝えようと思います。

[5] アオタマ | 2015/07/30 21:01
読ませていただきました。

まさにこの女子大生の言うとおりなんです。
黙っていたら、理不尽なことがどんどん行われてしまいますね。

TPP、沖縄の基地問題、川内原発再稼働、残業代ゼロ法案、派遣法改悪、マイナンバー制、よくも次々にこんなことやれるものです。

我々も腹をくくって闘わなくてはいけないと心に決めたところです。

[4] かおり | 2015/07/30 20:54
ご無沙汰しております。

この女子大生のスピーチは素晴らしいです。
とても勇気がいったと思いますが、言わないと後悔が残るとの思いがあったのでしょうね。

本当に、今の政治は狂っているとしか思えません。
このブログを読んで勇気をもらいました。
私も頑張ります!

[3] TOMOKO | 2015/07/30 20:48
読ませていただき、なんかジーンときてしまいました。

この方の言っているとおりなんですよね。
改めて今の政権が異常であることを確信します。

私も抗議行動に参加したいと思います。
[2] TOMOKO | 2015/07/30 20:48
読ませていただき、なんかジーンときてしまいました。

この方の言っているとおりなんですよね。
改めて今の政権が異常であることを確信します。

私も抗議行動に参加したいと思います。
[1] マジョ | 2015/07/30 20:24
何回か彼女のこのスピーチを読んでいますが
何回読んでも目頭が熱くなります。
多くの国民の気持ちがどうしてわからないのか?
わからないのです。何度伝えてもわからないのです。
そういう人なんですから、説得は無理です。
退陣してもらわなければ、これからの日本に未来はありません

私たちはおとなし過ぎました。
夏を返上しても、抗議の声を上げるという人が
増えこそすれ、減る事はありません。
国民を舐めてはいけません。
私たちが9条に守られてきたように、これからの世代を
9条で守らなくてはなりません。
その為に、ばてない様に頑張りましょう!
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):