サイトマップ
RSS

すみだ自然観察会~荒川河川敷に残された小さな自然を尋ねて

2013年07月28日
天気予報が二転三転して開催が危ぶまれた「すみだ自然観察会」ですが、どうにか天気が持ちそうで参加して来ました。

20名位が集まり、自然が枯渇していある墨田区ですが、やはりチビっ子たちは自然の中が似合います~

画像

画像

画像

真剣そのもので、虫を探しています。

画像

荒川河川敷での散策ですが、下町の墨田区にも小さな自然があるんですね。

画像

採った虫を持ち寄って説明を聞くチビっ子たち

ショウリョウバッタ、コバネイナゴ、ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、モンキチョウ、ヤマトシジミ、ムギワラトンボ、ウスバキトンボ、マメコガネ、シロテンハナムグリ・・・・

講師として参加したSさんと共に同定する私・・・・・


そして、私は墨田区初記録となる甲虫を得ていました。

画像

シラホシハナムグリです。

ブッシュの中にある花から掬いました。
お陰で虫に刺されまくりです。

Sさんと墨田区内にはカミキリやクワガタがいるのか、話し合いましたが、カミキリはゴマダラ、キボシ、エグリトラ等20種くらいいるのではと・・・・

そしてクワガタは非常に厳しいけど、コクワ、場合によってはヒラタがいる可能性があるとの話になって、俄然私の目が輝きました。

河川敷からシラホシが得られたようにヒラタも可能性がゼロではないかも知れません。

有名産地で教科書どおりに虫を採集するのってイマイチ醍醐味に欠けます。
思いもかげない所で虫に出会うのって素敵ですね。


チビッ子たちのはしゃいだ姿を見ていると、身の回りの自然を体感できるこういう企画は大切だと強く感じます。

今回お誘いいただいた区の環境保全課の女性の担当の方から特別に現況調査の資料をいただき、楽しいひと時を過しました。

画像


ここでブログは終わらず、翌日も短時間ながら調査のため二日続けての荒川河川敷に出かけました。

画像

画像

僅かに残る砂浜のような箇所にはコハンミョウがいるようです。


熱中症に罹りそうな暑さの中、昨日に続きシラホシハナムグリを1オス1メス追加することができました。

画像

日本一自然がない場所と諦めていた東京の下町にも小さな自然は逞しく存在していると感じました。
大切に守りたい宝物ですね。


学校のプールの中に、身近な自然がありました。

2013年07月24日
先日用があって区役所に行くと、トンボハウスというブースが目に入り中に入ってみました。

自然が枯渇している墨田区にも意外なトンボが確認されているようで驚きました。

ホソミオツネントンボ、ノメシトンボ、キイトトンボ、マイコアカネ、クロイトトンボ、ナツアカネ、クロスジギンヤンマ、リスアカネ、ムスジイトトンボ、ヨツボシトンボ、ショウジョウトンボ、アオイトトンボ、チョウトンボ、コシアキトンボ、オオシオカラトンボ、ギンヤンマ、アジアイトトンボ、シオカラトンボ、ミヤマアカネ、オオアオイトトンボ、コノシメトンボ、ウスバキトンボの22種の画像が表示され、ブース内にはギンヤンマを始め数種の生体が放たれいました。

画像

区内の親水公園等に生息しているようですが、冬場の学校のプールで多数のヤゴが繁殖しているそうで、それを救出して羽化させていると聞きました。

本来はノーマルに繁殖しうる河川や池やあれば一番理想なのですが、プールから救い出して命を繋げる運動も子供たちにとっては自然とのふれあい、命の大切さを教える貴重な体験になるのだと思います。

スカイツリー効果で活性化して面がありますが、高層マンションを建てるよりも自然環境の確保に力を入れて欲しいと感じます。

これがご縁で、先日区の環境保全課より「自然観察会」の案内をいただきました。

身近な自然を見つけに参加してみようと思います。


画像

ねじれ解消とは政権と民意のズレを改善することで、独裁政治を許すことでは断じてない!

2013年07月20日
天気予報もろくな当たらないこのご時世に、これから投票する選挙結果をどうして予想できるのだろうか!

全マスメディアに神の啓示でもあったのかな~

これでねじれ解消と嬉しそうに大合唱する状況は極めて異様ですね。


何がねじれているのかというと、政権と民意があまりにも乖離していて、国民の大半が反対の原発や改憲、国民に内容を説明せず不安を高めているTPP、生活を更に圧迫する増税・・・

これじゃ国民の声に1mmを耳を傾けていませんよね。


ほんの一握りの勝ち組と仕事にもありつけない多数の人々、それでも景気は回復していると強弁する政権~酷いねじれですだと思います。


マスメディアが期待するねじれ解消とは、衆参両院の過半数を独占して国民の基本的人権を排除した独裁政治を渇望しているのでしょうか・・・


もう福島の事故のことは切り捨て避難民は見殺して、利権最優先にハンドルを大きく切ったようです。


3/11の事故で、世界観が変わった人は実に多いと聞きます。

画像


清志郎は20年以上前に「サマータイムブルース」「ラブミー・テンダー」等で原発の危うさを過激に訴えていました。

彼が存命だったら、先頭に立って反原発に立ち上がっていたと思います。



京大の小出助教授は、専門家の立場からずっと以前から原発の廃絶を訴えています。

ご自身の保身、出世等を省みず、警鐘を鳴らし続けています。


画像

山本太郎さんは、3/11で原発の恐ろしさ、国の対応の酷さにいても立ってもいられず反原発に立ち上がっています。

収入は激減しても度重なる非難中傷に遭っても、日本を守るために戦っています。


あなたの守りたい命のために、山本太郎さんをなんとしても国会に送り込みたいと心から願っています。

スカイツリーに山本太郎さん来たる~

2013年07月18日
自宅事務所で仕事をしていると携帯が鳴り、山本太郎さんがスカイツリーで演説会を行うので応援して欲しいとのことでした。

仕事を中断して東京スカイツリー駅に向かうと、太郎さんはまだ到着していませんでしたが、大勢のボランティアの方々がビラ配り等をしています。

無所属で出馬して資金的には苦しいであろう山本太郎さんですが、1000人以上にも及ぶと言われるボランティアは支えられています。

これは彼の反原発に対する真摯な姿勢と人柄なのだと思います。


やがて到着した山本太郎さんは限られた時間でしたが、熱っぽく反原発、反TPP、改憲反対を訴えていました。

ホントに今の日本は建国以来の大危機なんですよね。
このまま破滅に向かっては、これまで日本を支えてきた先人たちに申し訳なくて顔向けできませんし、次世代にこれ以上負の遺産を残すことは今の時代を生きる私たちにとっては耐え難いことです。

山本太郎さんを含め真に国民の声を反映させる人たちが、一人でも多く当選することを願って止みません。

そのためには、選挙には必ず行きましょう。
その一票が日本を救うかも知れません。

画像

山本太郎さんの演説が凄まじい熱気で、人で埋め尽くされる・・・

2013年07月15日
参院選挙に立候補した無所属の山本太郎さんの演説が凄まじい熱気で、黒山の人だかりだそうでです。

渋谷のハチ公前での演説では、周囲に1万人もの人だかりができたそうで、一国の総理が逆立ちしても敵わない人気ぶりです。


反原発はほとんどの国民の願いであり、国民の命よりもお金を最優先するこの国の異常さを過激に訴えていて、人々の心を打ちます。

何が美しい国だ、日本を取り戻すじゃなく利権を取り戻すだろ!

そう叫ぶ山本太郎さんには、既存の政治家からは感じられない本気度がひしひしと伝わって来ます。

民意とは真逆に再稼動に躍起になり、新設を視野に入れ、原発輸出を柱にしようとしているのですから、彼の言うとおり気違い沙汰思います。


なんのしがらみもなく、行動力がある山本太郎に期待する人がとても多いことは十分に頷けます。

う~ん、成程!~図書館で見つけた月刊誌の記事を興味深く読みました!

2013年07月11日
出かけたついでに立ち寄った図書館で、興味深い月刊誌に出会いました。

画像

要約しますと~

前回の衆院選で自民党は大きく議席を増やしたが、得票数は前々回よりむしろ減っている。

これは前々回民主党に投票した人たちが民主党に入れなかったことによる勝利である。

前々回民主党に投票した人たちが、前回は自民以外の政党に投票したり棄権したりしたことによる結果である。



前々回の総選挙で、もはや自民党に政権を与えるべきでないと考えた人たちは、その後もその考えを変えていない。

有権者が希望を託した民主党は期待通りの働きをしてくれず、その失望感が前回の選挙結果に現れたに過ぎない。

つまり、もはや自民党の持つ世界観や政権運営では、これからの日本を託せないと判断した。


日本にはろくな政治家も政党もなく、誰に投票しても同じだ・・・それは愚痴に過ぎないし、それでは何も生み出せない。

ろくな政治家や政党がないのなら、自分たちでどうにかしないと何も変わらない。


とても面倒なことを日本人は学習しつつあります。

きっと何年もかけて、日本の有権者がそれを学び、学んだことを政治に反映させていくことでしょう。

とにかく、少しでも変えていかなければなりません。


自民党はその変化を止めようとしています。

自民党は結局これまでの手法と世界観を全然変えていません。

確かに民主党の下手な政治運営より、いくらか落ち着いているように見えるが、そこには未来がありません。


黒字が出なくなった企業が新しい経営者を迎えて新製品を出したが売れず、赤字になってしまった。

昔の経営者が戻って来て新製品を出すのを止め、とりあえず業績の悪化は止まってけれど、その昔の経営者はその企業の黒字を失くしてしまった当事者なのです。


ではどうすればいいのか?

従業員が頑張って会社を新しい時代に合ったものに変えていくしかありません。

社長はバカだと言っても始まりません。

新製品は出し続けていかなかればダメなのです。


それでもあなたは自民党に投票しますか?


そんな内容でした。

言われてみれば大勝したといっても国民の支持は増えていないのですね。

自民以外の政党の潰し合いが政権を支えています。



来るべき参院選では、自爆してしまった維新の票が何処に流れるか・・・・

おそらく一時期の止まり木的に自民以外の他の政党に流れるのでしょう。

言い換えれば、国民の信頼を得る政党が出現した暁には、一撃で政権を奪うことも可能なのだと感じます。


有権者の漂流は続きますが、投票には行きましょう!


画像

七夕の短冊に託した子供たちの願いは届くのだろうか・・・

2013年07月08日
昨日は七夕でしたが、「日本国憲法」の勉強会がいう催しがあり熱心に誘っていただいたので参加して来ました。

画像

映画「日本国憲法」の上映と、「いま、憲法が危ない!!~憲法改悪を許さないために~」というタイトルの宇都宮健児さんのお話しがあり、有意義な内容でした。

知れば知るほど、自民の改憲草案というのは危ない内容で、そもそも憲法とは主権者である国民が、権力者が暴走しないように縛る役割が基本理念であり、それが逆転して国家が主権となり国民の基本的人権を排除し国民に責任と義務を強要するとは、甚だ立憲主義の理念に反します。

このような暴挙を何故あれほど急いで強行しようとするのか、国民は平和の意義を改めて考え、冷静に注視する必要があります。

画像

ネットで見つけたのですが、子供が書いたと思われる七夕の短冊~

「日本の政治家が国民の声に耳をかたむけてくれますように」

と書いてあります。

子供にこんなことか書かすなよ!

まったく、今の日本て最低だと思いますね。

都内23区内の自然を堪能~東京に五輪はいらない・・・・

2013年07月03日
なかなか忙しくてブログの更新ができないまま、7月になってしまいました。

先週末に、自転車で23区内の公園に自転車で行って来ました~

実はこの行く道で前回壮絶な転倒事故を起こし、その続きを、その時の忘れ物を見つけるために再度出かけました。

画像

画像

23区内の公園とは思いないような砂浜があり、いい光景です~


画像

シラホシハナムグリという比較的少ない種が生息します。

画像

よく見かけるシロテンハナムグリと混同されますが、並べると違いは
ハッキリ分かります。

シロテンは後翅が褐色ですが、シラホシはブルーを帯びます。

画像

チビサクラコガネという海浜性のコガネも多産するのが特筆されますね。


身近に自然が味わえる公園があることを再発見した気持です。


聞く所によりますと、五輪招致の暁にはボート競技場に作り変える計画もあるようで、いろんな観点からして五輪招致には反対です。

日本で五輪を開催することには特に反対ではありませんが、会場が東京である必要がありません。

大阪、名古屋その他、開催可能な都市は他にあるのですから・・・