サイトマップ
RSS

祈るような気持のフクイチの作業・・・・

2013年10月31日
来月からフクイチの4号機の燃料棒の取り出し作業を始めるようです。

最終的にはフクイチ全体を石棺で覆うしか手立てがないようですが、
その前提として4号機の燃料プールにある1533体にも及ぶという燃料棒を取り出さなければなりません。

大型のクレーンで燃料棒を取り出し、約50メートル離れた距離にある共同プールに移す・・・・

プールの水中から機器を操作して燃料棒を数10体の単位でキャスクと呼ばれる共同プールに移す訳ですが、水中で落下させて燃料棒を覆う金属の管が破れたら汚染は深刻です。

そして無事にキャスクに詰めたら、今度は大型クレーンで空中に吊り上げ専門トレーラに載せて共同プールに移動し、採り出しとは逆の工程でプールに収める

この作業がいかに難しく危険を伴うものか、素人の私でも容易に想像できます。

しかしやらないで、地震や地盤沈下等に見舞われて1533個の燃料棒をが倒壊したら、チェルノブイリの10倍もの放射能が放出されるといいう恐ろしい事態に陥ることになり、日本が北半球が壊れてしまうような悪夢になりかねません。

4号機だけでもこの息が詰まるような危険な作業を約1年間延々に勧めなくてはならず、それを考えると祈るような気持で見守るしかありません。

つくづく原発とは怖ろしいものだと改めて感じます。
これだけの事故を起こし、このような危険極まる作業に怯えながらまだ原発に依存するのでしょうか・・・・


墨田観光アートプロジェクト巡り その2

2013年10月27日
台風一過で雲一つない綺麗な青空でした。

隅田川観光アートプロジェクトは最近数が増え15作品前後あるようですが、私はこれまで6作品を見つけカメラに収めています。

画像

吾妻橋から臨むスカイツリーやう○こビル等とのコラボ画像をこのポイントならではの風景です。

この橋のふもとに「そらちゃん」というアートがある筈なんですが見つからず、次の目的に向かいます~

メジャーな観光スポットではないため探し出すのはなかなか大変で、
2点展示されているという公園に向かい探しますが見つかりません・・・

お、これかな!

画像

イメージとはかけ離れているくらい小さいですが、間違いなく「ササエル」とうアート作品のようです。

橋状の物体を大勢の人が協力して支えあっている様子が伝わって来て、ほのぼのとしたアート作品ですね。

そして、この公園にもう1点の展示物は・・・・

画像

「石の舟」という作品で、花崗岩に人や動物の頭部(顔)が110個以上埋め込まれているそうです。
石を地球に見立て、地球上に生きる多くの生物を表現しているようです。


2作品をカメラに収め、せっかく来たので「そらちゃん」もと思い、交番で所在地を聞いてみました誰も分からず、案内センターまで足を運び尋ねますと、なんと交番のすぐ後ろにありました。
灯台下暗しで、おまわりさんも知らなかったようです。

画像

左手を上げた招き猫のデザインで、世代や人種を超えてアイドルとして親しまれることを狙った作品です。
大理石の彫刻に両目や胸のハートは色ガラスの凹レンズがはめ込まれ周辺の風景が小さく幾つにも映ってパノラマが楽しめるようです。


アート作品3点を撮影できて、言問橋を渡ろうとした瞬間に別のアート作品が目に飛び込みました。

画像

「スカイネスト」という作品です。

鳥の巣というネーミングで、スカイツリーの天望デッキをモチーフにした鳥篭の格子の間からスズメ、ハト、ナガオドリ、タカ、インコ等の大小様々な鳥たちの姿を窺うことができます。
メルヘン的な雰囲気を味わいことができるビュー空間です。


青空の下、4点のアート作品を回ることがすることができました。

残りはまた別の機会に散策したいと思います。

墨田観光アートプロジェクト巡り

2013年10月25日
あまり知られていませんが、浅草からスカイツリーにかけて隅田川を挟む両岸地域にミニアート建造物が最近建てられています。

目立たないミニアートですから、探しに行っても気付かずに通り過ぎてしまうことがしばしばです。

画像

スカルプチャーツリー(2010/12/31)

画像

ゆらぎツリー(2010/12/31)

画像

LOOK(2010/12/31)

画像

グリーンプラネット(2010/12/31)


この4作品は一昨年に自転車で回りました。


最近、その他にもいろいろ建てられてた聞き、先日行ってみると~

画像

聖獣をイメージしたとされる「ソラニハ」(2013/3/19)

画像

スカイツリーの眺めをゆったり楽しめる空間である「桜橋北詰はらっぱ」(2013/3/19)

の2作品が確認できました。


この他に

●は・は・は
●Reflectscape
●おぼろげ
●石の舟
●そらちゃん
●灯り空
●瓦
●ササエル

等の作品があるようで、時間を見つけて回ってみたいと思います。


これみよがしでなく、気付いた人だけがその存在を知ることができる
ローカルなミニアートですが、そこがいいのかも知れませんね。

最近ふと感じていること~

2013年10月23日
何日か前に電車が近付いた警報が鳴り遮断機を下りた踏切で、その遮断機をこじ開けて自転車で渡っている中年の女性を見かけ、唖然としてしまいました。

都合2度も遮断機を手でこじ開けたことになります。

危険極まりない愚行ですが、何故そこまでしてそのような行為をするのか理解に苦しみました。

道路交通法が改正になり自転車走行についても規制強化がされるようですが、信号無視、踏切無視、携帯片手の走行、歩道での速度違反等は罰則されるべきだと思います。

自転車に限らず、歩きながらスマホをしている人も多いですね。
特に緊急に迫られている訳でもないのに、ほとんど中毒の感があります。

白痴製造機と呼ばれるTV、携帯・スマホ依存症といい、着実に日本人を蝕んでいるように思えてなりません。


国会の方では、「特別秘密保護法」と名前を変えた「秘密保全法」の法案提出が着々と準備されています。

さすがにいろんな識者たちが中心になってこの法案の恐ろしさを指摘し、反対の機運が高まって来ています。

パブコメで8割の人たちが反対しても強行されてしまうのでは、もう
法治国家とは言えません。

今私たちは自分の意見を言わなくてはダメですね。







青空を知っているなら 
おしえてください
あなたも唄えるなら
聞かせてください
もしも あなたが幸せなら・・・

 時計の針が時をきざみ
 涙わすれて生きる時も
 胸の鼓動がいつまでも
 水仙のように すがすがしい
 あなたでいるなら・・・

青い鳥信じるなら
さがしてください
白い雲見つけたなら
知らせてください
もしも あなた幸せなら・・・

 時計の針が時をきざみ
 涙わすれて生きる時も
 胸の鼓動がいつまでも
 スズランのように 清らかな
 あなたでいるなら・・・

流れ星見つけたなら
祈ってください
あなたも生きてくなら
叫んでください
もしも あなた幸せなら・・・

 時計の針が時をきざみ
 涙わすれて生きる時も
 胸の鼓動がいつまでも
 春風のように さわやかな
 あなたでいるなら・・・




私の好きな「時計」という曲です。

アンパンマンの精神は平和の愛する多くの人たちに必ず引き継がれる~

2013年10月16日
なくなられた漫画家のやなせたかしさんについて、今まであまり詳しく存じ上げませんでした。


アンパンマンの作者であり、「反戦こそ正義」をモットーに平和主義に徹した方だった新聞等で知った次第です。

晩年は、東日本大震災の被災地の子供たちに優しいまなざしを向け、励まし続けていたそうです。

画像

泣かないで くじけないで

ぼくがここにいるよ

勇気の花がひらくとき


ぼくが空をとんでいくから

きっと君をたすけるから

(2011年3月の東日本大震災後、やなせさんが被災者に向けて書いたメッセージ)


何のために生まれて 何をして生きるのか

答えられないなんて そんなのは嫌だ

生きる目的を見つけてと、子供たち教えている・・・・・



アンパンマンは他の強いだけのヒーローたちとは異なり、腹をすかせた人には自分の「あんパン)を食べていいよと薦める心優しきヒーローでした。


正義の味方が最初にやらなくちはならいないことは飢える人を助けること、困った人を救うこと・・・・・


こんなやなせさんの化身のようなアンパンマンが日本の政治を動かす人の中にいたらなあと思わずにはいられません。


バイキンマン以下の人たちがばかりが、やたら目についてしまいますね。


やなせたかしさんの人となりをもっと早く知っていたらと、悔やまれます。


その優しい平和を愛する心は、きっと多くの人に受け継がれると確信しています。

悪法が目白押しのこの国に未来に、陽は昇るのだろうか・・・

2013年10月10日
今秋の臨時国会には悪法の提出がオンパレードだといわれます。

残業代ゼロ、労働時間を規制せず、「解雇しやすい特区」をつくるための「国家戦略特区関連法案」はどうやら断念したらしいですが、稀代の悪法である戦前の「治安維持法」のリニューアルである「秘密保全法」の方はなんとしても成立をめざしているようです。

通常のパブコメの半分の受付期間であったという異例さ、そして9万通のパブコメのうち8割の7万2千が反対であったのに強行しようとしている。

TPPについては何度、ウソを付いたことか・・・・
にも拘わらず、年内妥結には異常なこだわりを示しているようです。


原発は再稼動する、海外にセールスまでする。

増税は公共事業にばら撒かれたり、大企業に恩恵をもたらしても国民のためには使われない。

放射能汚染はすべて隠蔽され、国民は見捨てられる。

TPPの内容は告知されず、国や国民の資産はどんどん略奪される。

戦争のできる国に急速に作り変えられ、戦争に巻き込まれる。


だからねじれを解消してはならなかった・・・・
この国の未来は限りなく、真っ暗ですね。





頭の悪い奴らが 圧力をかけてくる
あきれて物を言えねえ
またしても物が言えない

権力を振り回す奴らが わがままを言う
俺を黙らせようとしたが、
返って宣伝になってしまったのさ

陽はまた昇るだろう このさびれな国にも
いつも日にか いつの日にか
自由を歌えるさ

嵌められて 消されたはない
好きな歌を唄って
いろんな所に行って
見て来た物を唄うだけさ

陽はまた昇るだろう このさびれた国にも(でたらめな国にも)
いつも日にか いつの日にか
自由を歌えるさ

頭のいかれた奴らが 世の中を動かして
この俺の見る夢を 力で抑えつける

陽はまた昇るだろう 西から東まで
いつも日にか いつの日にか
自由を歌えるさ

陽はまた昇るだろう このさびれた国にも(貧しい国にも)
いつも日にか いつの日にか
自由を歌えるさ

いつの日にか いつの日にか
自由を~♪


もう20年以上も前に、清志郎が唄っていました。

いつの日にか いつの日にか
自由を~

本当にそう思います。

東京新聞サンデー版の「人類にメッセージを残した怪獣」を興味深く読みました。

2013年10月06日
今日の東京新聞の世界と日本の大図解シリーズに「人類にメッセージを残した怪獣」が載っていました。



先ごろ「最も派生テレビシリーズが多い番組」としてギネス認定された「ウルトラマン」そのルーツである「ウルトラQ」~「ウルトラセブン」の頃に登場した懐かしの怪獣が幾つか取り上げられています。

画像

●ジャミラ

宇宙開発競争がたけなわの頃、某国の宇宙飛行士が宇宙船の事故によって遥か彼方の惑星に不時着し救助を待ちわびたが、世界的な批判をおそれて母国が救助活動さえ行わかったため、惑星の過酷な環境により体が変異して怪獣ジャミラに変身してしまう。

ジャミラは復讐のため、地球に帰還して国際平和会議の妨害を狙う・・・・


画像

●海底原人ラゴン

2億年前から地球に生息していたとされていたが、太平洋に落下したロケットに搭載された原子爆弾の放射能を浴び、巨大化し凶暴化した。

原爆の不発弾を体につけたまま、南関東から上陸~口から放射能光線を放つことができる・・・・


画像

●ギエロン星獣

地球防衛軍が実験のために生物が生息しないと思われてギエロン星に惑星破壊兵器R1を撃ち込んだが、実際は生物が生息していて爆発や放射能の影響のため突然変異を起こし星獣と化してしまう。

故郷の惑星を破壊された怒りから地球をめざす・・・・・


画像

●ノンマルト

地球の先住民族で、かっては地上に暮らしていた知的生命体ノンマルトは、海底に巨大都市を築き、平和に暮らしていたが、その最後の砦までも開発しようとする人類に「自分たちが先住者であり、人類は侵略者である」とのメッセージを送るが・・・・・



その他、数例の怪獣たちを取り上げています。


ウルトラシリーズは子供に人気がある特撮シリーズですが、人類の科学技術偏重や驕り、環境破壊への警告などの制作サイドの思い入れが随所に感じられます。


原爆、核実験、原発事故による深刻な放射方汚染、過度な化学兵器、生物兵器の開発・・・・・荒唐無稽であった筈のウルトラシリーズのストーリーが実際に起きて、進行している現実を我々は直視しなければならないと思います。

下町の空に虹が架かりました~

2013年10月03日
今日、出かけた帰りにふと空を見上げますと、綺麗な虹が架かっていました。

画像

こんなにハッキリとして虹を見るのは、ほんとに久しぶりです。


今月に入ってから、消費税引き上げの表明、年金や児童手当の減額、
秋の臨時国会では、「秘密保護法」や「国家戦略特区法」等の法案の提出・・・・と国民を蔑にする出来事がてんこ盛り状態ですね。


そんな矢先、ニュースで踏切で倒れている高齢者を助けようと一命を省みず救助しようとした女性のことを知りました。

高齢者は助かったものの、この救出に向かった女性は電車に巻き込まれ亡くなってしまわれました。

自分だけよければいい自己中の人がめだす昨今、この方の優しさ、勇気には頭が下がる思いです。
心からご冥福をお祈りしたいと気持です。


多額の建設費がかかり膨大な電気を消費するというリニアの推進よりも、危険な踏切を少しでもなくすことが急務なのではないでしょうか・・・・

経済至上主義の陰で失われてようとしている、かけがえない自然、心の優しさの大切さを改めて思わずにはいられません。