サイトマップ
RSS

東日本大震災の犠牲者を追悼してくれたパレスチナの人々を、今度は我々が励ます番だ・・・

2014年07月29日
昨年の3-11、パレスチナ自治区ガザ南部では、地元の子供たち約1000人が、日の丸やパレスチナの旗、そしてアラビア語に「日本」と書かれた手作りの凧を一斉に挙げて、東日本大震災の犠牲者を悼んでくれたそうです。

「私たちは戦争で家を破壊され、人々が犠牲になっているので、被災者の人たちの痛みは分かります。日本の人たちに希望を届けたい」との思いで追悼の凧揚げをしてくれたといいます。


今、パレスチ自治区のガザ地区はイスラエルとの紛争で空爆を受け、犠牲者1000人にも及ぶとされます。
子供を含めた罪のない市民が多数犠牲になっています。
これをもう紛争ではなく、大量虐殺の様相を呈しているといって過言ではありません。

東日本大震災の犠牲者を追悼して凧揚げをしてくれた多くの子供たちが巻き添えを食らった可能性は高いと思います。

もっとマスメディアは不条理で凄惨な真実を報道しなくてはなりません。


今度は私たちがパレスチナに1日も早く平和が戻ることを祈り、励まし、犠牲になった人たちには心から追悼の意を捧げる番だと思います。

その日本が武器の輸出をしていたり、あろうことか派兵して加害者になることがあっては絶対になりません。




風に吹かれて


どれだけ遠くまで歩けば 大人になれると
どれだけお金を払えば 満足できるの
どれだけミサイルが飛んだら 戦争が終わるの
その答えは風の中さ 風が知ってるだけさ

いつまで追っかけられたら 静かに眠れるの
どれだけテレビが唄えば 自由になれるの
どれだけニュースを見てたら 平和な日が来るの
その答えは風の中さ 風が知ってるだけさ

どれだけ強くなれたら 安心できるの
どれだけ嘘をついたら 信用できるの
いつまで傷つけ合ったら 仲良くできるの
その答えは風の中さ 風が知ってるだけさ

どれだけ風が吹いたら 解決できるの
どれだけ人が死んだら 悲しくなくなるの
どれだけ子供が餓えたら 何かができるの
その答えは風の中さ 風が知ってるだけさ


今すべての人たちに、キング牧師の名言を~

2014年07月16日
マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)が残した数々の名言に、今私たちは耳を傾けるべきではないかと思います。



・疑わずに最初の一段を登りなさい。階段のすべて見えなくてもいい。とにかく最初の一歩を踏み出すのです。

・私たちは、限りある失望を受け入れなければならない。しかし無限なる希望を失ってはならない。

・人は兄弟姉妹として、共に生きていく術を学ばなければならない。それが出来なければ、私たちは愚か者として共に滅びることになる。

・自由は決して圧制者の方から自発的に与えられることはない。しいたげられている者が要求しなくてはならないのだ。

・そのために死ねる何かを見つけていない人間は、生きるのにふさわしくない。

・ほとんどいつも、創造的でひたむきな少数派が世界をより良いものにしてきた。

・結局、我々は敵の言葉ではなく友人の沈黙を覚えているものなのだ。

・人の真価がわかるのは喜びに包まれている瞬間ではなく、試練や論争に立ち向かうときに示す態度である。

・人生で最も永続的でしかも緊急の問いかけは、「他人のために、いまあなたは何をしているか」である。

・あなたが正しいとき、過激になりすぎてはいけない。あなたが間違っているとき、保守的になりすぎてはいけない。

・人は「発言する」ことにのみならず、「発言しない」ということにも責任を持たなければならない。

・愛だけが、敵を友人に変えられる唯一の力だ。

・「目には目を」という古い法を守っていたら、世の中の人々はみんな目が見えなくなってしまう。

・真のリーダーとは、合意を探す者ではなく、合意の形成者となる者である。


・人間はだれでも、創造的な利他主義という光の道を歩むのか、それとも破壊的な利己主義という闇の道を歩むのか決断しなければならない。


・問題になっていることに沈黙するようになったとき、我々の命は終わりに向かい始める。

・すべての進歩は不安定であり、一つの問題を解決しても、我々はまた他の問題に直面することになる。

・どこにおける不正であっても、あらゆるところの公正への脅威となる。

・私たちは、ヘビの強靱性とハトの柔軟性を兼ね備えなければならない。不屈の精神と優しい心を。

・嘘は、生き続けることなどできない。

・科学の力が、私たちの精神的な力をしのいでいる。私たちはミサイルを正しく撃つことはできても、人間を正しく導くことはできないのです。

・幸せを探そうとしない人は、もっとも確実に幸せを見つけるようです。なぜなら、幸せを探す人は、幸せになるもっとも確実な方法を忘れているからです。それは、他人の幸せを探すということです。

・人は、個人的な狭い関心事を越え、人類全体に関わる広い関心事に向かうようになって初めて本当の人生を歩み始めるのである。

・この世で本当の無知と良心的な愚かさほど危険なものはない。

・闇は、闇で追い払うことはできない。光だけがそれを可能にする。憎しみは憎しみで追い払うことはできない。愛だけがそれを可能にする。

・最大の悲劇は、悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である。

・真の平和とは、単に緊張がないだけではなく、そこに正義が存在することである。



博愛に満ち溢れたキング牧師の言葉を噛みしめれば、戦争などという人類の最も忌まわしく野蛮で残忍な行為に行き着くなんてあり得ないと思います。

そして・・・・

「最大の悲劇は悪人の暴力ではなく、善人沈黙である。沈黙は、暴力の陰に隠れた同罪者である」

そのことに多くの人たちが早く気付き、立ち上がらなくては日本は、世界は平和になりません。

画像

危さは駆け足でやって来ている~私たちの未来は私たちで守りましょう!

2014年07月14日
日々、加速をつけてとんでもない状況に強制誘導されようとしています。

週刊Fがスクープした安倍官邸によるNHK恫喝!
NHK側は土下座ざし、キャスターは涙したとあります。
どこかの国のことをとても言えないような強権独裁国家、言論弾圧がもう既に日常的に行われています。
「美味しんぼ」が健康被害を問題提起すれば、閣僚までが不快感を露わにしてマスメディアが風評被害の大合唱をする・・・・この国はもはや正常ではありません。

キャスターが国民の代弁者と気になること、心配な点等を質問してはならないとは何事なのでしょうか?
それ程後ろめたいことを違法ともいえる国民に対するクーデターで強引に閣議決定してしまう。
説明不足だったといいながら説明をすることもなく法案の作成に取り掛かり、担当相まで新設するという。
もっとも時間をかけて説明して国民の理解を得ればいいということではなく、絶対にやってはいけないことを数の力を傘に着て問答無用、傍若無人で押し切ってしまって、質問さえ許さないという傲慢さです。


昨日の滋賀県知事選では、自公候補が敗れました。
驕り高ぶった国民無視の現政権にNOを突き付けた形になります。
接戦の末というのが少し気になります、本来なら圧勝でなければならなかったと思いますが・・・


・説明できないから閣議決定
・嘘がばれる前に閣議決定
・先に決めちゃえよ閣議決定
・国会はいらないよ閣議決定
・国民の意見は無視だ閣議決定
・なんでもかんでも閣議決定


官邸周辺では連日、抗議集会が開催されています。


画像


これから年末にかけて知事選が続きます。

長野 8月
香川 9月
福島、新潟、愛媛 11月
福岡市、沖縄、和歌山 12月

すべてにおいて、自公候補を打ち破って欲しいと思います。

マスマディアの誘導、操作に騙されることなく、不正選挙を監視しながら自分自身を愛する人を日本と守るために自分たちの未来は自分たちで切り開きましょう!




まぼろしの翼と共に


今でもボクは 思い出すのさ
あの頃のこと あの日の人
ボクと同じ 学生だった
国とためと 死んでいった

君は若くたくましく
短い命だったが
まぼろしの翼と共に
炎の中に消えてしまった。

君はある夜 私に言った
恋人と別れてきたと
ボクは今も覚えているさ
あの時 君のまなざし

君が死んだ 次の夜に
悲しい涙で あの娘は死んだ
もぉ いやだ こんな世界は
もぉ 二度と 見たくない

七夕の短冊の祈願はただ一つ、日本の平和、世界の平和です!

2014年07月07日
今日は七夕、いろんな願い事を託した短冊で彩られたことでしょう。


仕事のこと、家族のこと、健康のこと、恋愛のこと、目先の願望、将来の夢~

画像


でも、すべて日本が平和であることが、前提です。

私を含め、多くの国民の願いは、平和なのです。


そんな国民の願いを嘲笑うかのように、安全保障法制の担当相を新設する考えでいるようです。

安倍は集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈変更について、「国民の命、平和な暮らしを守るために、現行の憲法の下で万全の備えをつくるためだ。いかに有効で意義のあるものか、しっかりと丁寧に説明していきたい」と述べ、国会審議などを通じて国民の理解を得ていくと強調。


関連法の整備では集団的自衛権の行使容認に加え、武力攻撃に至らないグレーゾーン事態へ
の対処や国連平和維持活動(PKO)を含む国際協力など、自衛隊の活動根拠となる法案を一括して国会提出する方針も表明。同担当相を中心に国会審議に当たらせるという。

本当に国民の命、平和な暮らしを守るのならば、現行の平和憲法と遵守することが絶対要件です。
集団的自衛権行使容認を狂気の閣議決定し、国民の了承を得ないままに法整備に着手する。

安全保障法制担当相など死神大臣に等しいものです。
国民が、見識者が、自民党のOBたちが揃って反対する戦争への流れを封じなければなりません。

放射能禍、TPPでの略奪も極めて深刻ですが、もっと怖いのはすべてを失う戦争です。

ある日気が付いたら戦争になっていた・・・・過去から学びましょう!
戦争をつくるのは簡単なんです。

隣国との脅威を過剰に煽り、国民を諦めさせる・・・同調しない者は「愛国心」がないと罵声を浴びせ排除する。
歪曲された愛国心とても危険です。

とにかく、どんなことがあっても戦争を回避して日本を守りましょう!





遠い空の彼方に



遠い空の彼方に 小さく青い島が浮かぶ
私はいつも島を眺め
この浜辺で夢を見る
あの青い島にきっと
白いお家があるのだろうォ!
カモメやイルカが集まる
 ボクはみんなと暮らすんだ

遠い空の彼方に 小さく白い船が浮かぶ
私はじっとお船を眺め
この浜辺で夢を見る
あの白いお船にきっと
幸せ積んでいるのだろうォ!
世界のお国を回る
 幸せボクにもくれるんだ

遠い海の彼方に 大きく黒い波がつづく
私はいつも海を眺め
この浜辺で夢を見る。
嫌な夢 あの国では 戦争が
人々や 子供たちが泣き
 幸せはどこにあるんだろうォ!


遠い空の彼方に ぽっかり白い雲が浮かぶ
私はそっと空を眺め
この浜辺で夢を見る
あの白い雲にきっと
 幸せの神がいるのだろうォ!
私はそっとひざまづき
 みんなの幸せ祈るんだ ♪

戦争好きで、弱いものイジメの政権に、国民は一度も合意していないぞ!

2014年07月05日
集団的自衛権行使容認閣議決定を待ち構えていたように、高3の学生の元に個別に自衛官勧誘の郵便物が届いたようです。

まるで赤紙の先取り行為のようで、なんともうすら寒い思いがします。


国民への説明が足りなかったなどと言いながら、性急な法案作りに着手としたり、AKBを使って自衛隊勧誘のキャンペーンをしたり、政争に向けてギアーを入れて本気モード全開です。


自国に売られて喧嘩に対して正当防衛的に対抗するのではなく、売られてもいない他人の喧嘩のために海外に飛び込んで行く・・・・どこが「自衛」なんですか!

喧嘩好きの友人の起こす引き起こす正義なき争いに今後永久的に付き合わされ・・・・身代わりになって命を落とす、こんな理不尽で無意味なことはありません。



政権の暴挙に怒った国民たちが、大挙して集まり、抗議のデモ行進をしました。

画像

画像

画像

若者の姿を多く見かけました。


画像

画像

「9条をこわすな!」

「その汚い手で憲法に触るな!」


画像

画像

「国民は一度も合意してません!」

「ウソと脅し 国民無視の金目内閣退陣!」


画像

画像

「戦争好き国民イジメの安倍はいらない!」

長蛇のデモ隊の列が続きます!



反原発デモは中高年の姿が多かったですが、今回は若者の数が優っていたと思います。


今まで冷ややかね目を向けていた沿道の人たちが一緒になって声援を送り、ガッツポーズを揚げ、手を振り応援をしていて、着実に市民の意識は変わって来ています。


「憲法を守れ!」「戦争反対!」「安倍は辞めろ!」

数え切れない程の連呼されました。


他国のために自衛隊も、若者も派兵しては絶対にならないのです。

そして報復攻撃を受けて犠牲になるのは国民です。

さらにドサクサに紛れて隣国と開戦に持ち込まれたら、日本本土が戦場になり焼土と化し、日本は崩壊するでしょう。



そんな日本の終わりのシナリオに加担してはならないのです。

悪魔の引き金を弾いてはならないのです。


貴方や貴方の愛する人、子供、孫、そしてすべての同胞を、平和を愛する他国民を守るためにも、絶対に戦争への流れを作ってはならないのです。

いつから日本人は他国民の4倍も強靭になったのか?

2014年07月04日
日本の今後に重大は禍根を残す集団的自衛権行使容認で揺れる最中、放射能汚染禍は相変わらず深刻です。

福島の避難基準はチェルノブイリを大きく超えているとされます。

実際にチェルノブイリの避難基準は年間5ミリシーベルトであり、1ミリシーベルトを超えると住民が移住するか否かを自分で選択する「移住権利」が発生し、年間5ミリシーベルトを超えると強制的な「移民義務」が生じます。

ところが、日本政府の「避難基準」は年間20ミリシーベルトで、なんとチェルノブイリの4倍に相当します。

日本人っていつから他国民より強靭な体を持つようになったのでしょうか?

「福島はチェルノブイリ以上」「子供たちに甲状腺異常が多発」「住民の健康被害」「農作物、水産物の汚染」等、外国のメディアでも指摘されているのに、日本のメディアはスルーを続けるばかり・・・・

日本政府は「吉田調書」でみられるように都合の悪いことは隠蔽するばかりで、真実を公表しようとはしません。

除染をして年間20ミリシーベルトを下回ったからと住民を帰宅させるつもりなのでしょうか。
それをもって収束として、幕引きをする魂胆なのか~


なんとも非人道的な話で、日本はいったいどうなってしまうのか暗澹たる気持になります。

ルビコンの川を渡った~若者殺すな!俺たち殺すな!日本を壊すな!

2014年07月02日
連日連夜、集団的自衛権行使の閣議決定に対する市民の抗議が続いています。

画像

画像

画像


反原発の抗議集会は中高年の姿が目立ちましたが、今回は若者が多く参加していています。


そりゃ、そうですよね。

いくら甲高い声の滑舌の悪い人が、ほとんどあり得ないようなレアケースを想定して自国民のための自衛であるとパネルを見せながら力説しても、本質は某国の強い要請による某国のための派兵が主眼であり、某国の身代わりに犠牲になることが目に眼えているからです。


だから、国民に説明できる筈もなく、解釈変更という奇策を用いて、国民の強い反対を押し切って強行したのです。

国民はいつまでもバカではありません。

気が付いた人が立ちあがり、反対を訴えているのです。


「若者殺すな!」「俺たち殺すな!」「日本を壊すな!」


「9条は日本の宝!」「ファシズム政権は失せろ!」


力の限り、訴え続けています。

画像


まだ小学生くらいの子供が、自分で作ったらしい段ボールで作ったプラケードには「生きたいです」と書かれていて胸が痛くなりました。



とうとう渡ってはならないルビコンの川を渡ってしまいましたね。

こういう国民の声を一切無視して暴挙を止めたいのであれば、我々も対抗しなければなりません。


狂気の閣議決定を覆す方法は二つ。


政権交代して閣議決定で元に戻すこと、そしてその違法性を法廷闘争に持ち込み無効を勝ちとるしかありません。

どちらも簡単ではありませんが、日本を存続させるため、国民の命を守るためにはやらなければならないことだと思います。






まるで洪水のように



私たちは今
思い起こさなければ
私たちは今
平和をきづかなくては
私たちは今
兄弟を守らねば
私たちは今
戦争を忘れてはならない

 まるで洪水のように
 なにもかもが・・・・
 ひきずり込まれて行く

私たちは今
世界を見つめなくては
私たちは今
政治を学ばなければ
私たちは今
明日の日を守らねば
私たちは今
戦争を忘れてはならない

 まるで洪水のように
 なにもかもが・・・・
 ひきずり込まれて行く

私たちは今
戦争を忘れてはならない ♪