サイトマップ
RSS
69回目の終戦記念日になる今日、地元で開催された「すみだ平和・原爆写真展」を見に行って来ました。


画像

画像

投下された原爆模型


画像

地元のスカイツリーに平和をこめて

画像

下町も戦火を浴び、焼け野原になりました。

その様子は両親からよく聞かれらたものです。


画像

関東地区を襲ったい夥しい数の敵機襲撃の数 


画像

そして悪夢の原爆の投下・・・・


画像

画像

哀しい写真、そしてとても掲載できない写真ばかりです。

原発は広島に続いて長崎にも投下されました。


核実験を何のためらいもなく、広島や長崎の人が生活している場所で行ったのです。


30万の尊い命が一瞬にして無残に奪われ、そして69年経った今でも多くの原爆症に苦しむ人たちがいます。

画像

第五福竜丸の乗組員も被爆し、乗組員の半数以上が亡くなっています。


画像

劣化ウランがイラクの子供たちを苦しめています。



そして核の平和利用の名の元に国策として推進された原発事故により、日本は三度被爆する憂き目に遭います。


どうして人類が制御できない悪魔のエネルギーである原子力に固執するのでしょうか!


のっぴきならない状況で収束の目処がつかないフクイチの事故を隠蔽し、矮小化し、問題提起をすれば風評被害とバッシングしてまで、利権を守りたいのでしょうね。


秘密保護法が施行されたら、もう国民は深刻な事故が起きても知る由もなくなり放射能汚染のレベルさえも知ることも調べることもできなくなります。


戦争を知らないバカ者たちが、戦争を美しく語り、また地獄絵のような戦争に引きずり込もうとしています。

そんな者たちは極限状態になって憎悪の中で殺し合う人類最悪の修羅場を見ていないのです。



原爆の犠牲を含め300万を超す戦没者を出して、もう二度と戦争はしないと誓ったのはウソだったのでしょうか!


戦争ができる国に加速し、国民の命を省みない原発政策の維持・・・・・


画像

悲惨な実体験を漫画で描き、二度と戦争や原爆に巻き込まれないよう警鐘を鳴らし続けた中沢啓治さん。


渾身の「はだしのゲン わたしの遺書」を子供を含め全国民が読むべきだと思います。

第二、第三のはだしのゲンを排出してはならない。


先日、ミヤマクワガタが全国的に減少している報告が取り上げられ、地球温暖化によりノコギリクワガタがミヤマクワガタの生息地に進出しているようなことが指摘されています。

画像

画像

上がミヤマクワガタ、下がノコギリクワガタです。


オス同士の闘争もデータ集積し、119戦してノコギリが79勝、ミヤマが40勝をノコギリが優勢との結果が出ているそうです。

忍耐強い検証には頭が下がりますが、エサ台を置いての人為的なシチュエーション下であり、個体の大きさやモチベーション等により結果は異なるように思います。


地球温暖化は実は寒冷化に向かっていて、冬季の寒さは加速していますが、夏季は確かに猛暑傾向にあり地球温度変動化というのが適切なような気がします。


本題のミヤマが減少した理由ですが、本種はミヤマ(深山)の名のとおりやや標高の高い場所を好みますが、低地にも少なくからず棲息します。

他の大型種に比べ高い自然度を必要とするため低地では生息環境を奪われ、標高のある場所では猛暑により生息がしにくくなっていることは確かなように思われます。

ただ、一部の虫を除外して、虫全体の個体数が明らかに減少している事実をどう考察するか難しいところではあります。

環境破壊、夏季高温化、そして放射能汚染も原因として考えられるかも知れません。


いずれにしても、クワガタの大型種で前胸には耳状突起と呼ばれる鎧のような隆起を持つ人気種のミヤマクワガタの減少はとても気になるテーマです。

本日も「安倍退陣要求デモ」が行われ、参加して参りました。


予想を超える大勢の人が集まっています。


画像

画像

画像

画像

画像



様々なプラカードを掲げ、デモ行進が延々と続きます。



「憲法を守れ!」

「平和を壊すな!

「戦争反対!」

「徴兵をするな!

「ファシストは要らない!」

「俺らには赤紙はいらない!」



ごく当たり前のことを主張しています。

このごく当たり前のことを守らない、いや強制的に破ろうとしている人がいるのですね。


そして

「安倍は辞めろ! 今すぐ辞めろ!」の大シュプレヒコールが響き渡りました。


これ程の憎悪に受けた日本のトップは未だかっていたでしょうか・・・・


いつまでも無関心でいたら、ガザの悲劇が日本で繰り返されます。

日本の未来を我々の力で守りましょう!