サイトマップ
RSS
昨夜は愛知県に上陸した台風の影響で関東地方は大雨になりました。

そんな豪雨の中、日比谷公園野外音楽堂には戦争法案を反対する5500人もの人が集まったのは凄いことです。
悪天候でなければ、いったいどれだけの人が参加したのでしょうか?

画像

画像

東大名誉教授の佐藤学さんが「学者も立憲主義と民主主義と平和主義の最大の危機に立ち向かっている。こんな時代を迎えるために私たちは学び、働いてきたわけではない」とスピーチし、大きな歓声に包まれました。


日本の国会は完全にファッショな人たちにジャックされています。
悪夢の強行採決が迫ってきている現状で、どう行動したらいいのか国民一人ひとりが熟考すべき時が来ていると思います。


雨で思い出しましたが、汚染水の問題はもうのっぴきならいな状況ではないかと思います。
秘密保護法を拙速且つ乱暴に成立させたのも、フクイチの惨状を覆い隠すが主眼であったことであろうことは容易に推測できます。

東電では9日、原子炉建屋周辺の雨水を集める「K排水溝」の水が、堰を越えて外洋に流出したとのことです。
日本の空と大地を汚し、海洋をも汚し続けている訳ですから、水産資源の汚染は勿論のこと、やがて海外から莫大な損害賠償を求められる日も遠くないでしょう。

それでも放置し、矮小化し、隠蔽して、五輪だ、リニアだはないもんです。
五輪がフクイチ隠しであり利権の大温床であることはもはや明白な事実なのに・・
福島見捨てて、どれだけ無駄遣いしても金儲けしようとしている人たちがいてなんて醜悪なんでしょうか。
これで国の借金が過去最大級だ、消費財を再度upする、新たな税収を検討中って言われてもね~

まず総理大臣税、閣僚税、議員税、官僚税、公務員税党を先に決めて徴収することから始めてくださいよ。



話を戻し、雨というとこの曲を思い出します。

「雨を汚したのは誰」

画像




Just a little rain falling all around

小雨がいたるところに降っている

The grass lifts its head to the heavenly sound

天を想わせるその音に草々が頭をもたげる

Just a little rain, just a little rain

ほんの小雨、微かな雨

What have they done to the rain?

この雨にあの人たちは何をしたのかしら?



Just a little boy standing in the rain

ほんの小さな男の子が雨の中に立っている

The gentle rain that falls for years

優しい雨、それが、もう何年間も降っている

And the grass is gone, the boy disappears

なのに、草は消えてしまい

男の子も姿も見えなくなってしまったの

And rain keeps falling like helpless tears

そして、雨は降りつづけている

まるで救いのない涙みたいに

And what have they done to the rain?

そう、

あの人たちはこの雨に何をしたの?



Just a little breeze out of the sky

空から、微かに、そよ風が吹いてくる

The leaves nod their head as the breeze blows by

木の葉は

そのそよ風が吹きすぎていくたびに

頷くように頭をなびかす

Just a little breeze with some smoke in its eye

ほんの微かな、そのそよ風の目には何かのくすみがあるの

What have they done to the rain?

あの人たちはこの雨に何をしたのだろう?



Just a little boy standing in the rain

ほんの小さな男の子が雨の中に立っている

The gentle rain that falls for years

優しい雨、それが、もう何年間も降っている

And the grass is gone, the boy disappears

なのに、草は消えてしまい

男の子も姿も見えなくなってしまったの

And rain keeps falling like helpless tears

そして雨は降りつづけている

まるで救いのない涙のように

And what have they done to the rain?

そう、

この雨に、あの人たちは何をしたのですか?


原発再稼動、絶対反対です!


絶望的だった戦争法案成立への強行採決をSealdsという若者たちが抗議行動を牽引し、不当と感じたことに声を上げる文化が日本にも定着しつつあります。


毎週金曜の夜に国会前で続けている抗議行動・・・・

画像

9/4には、脳科学者の茂木健一郎さんが清志郎ザ・タイマース時代の幻の名曲「FM東京」の替え歌を熱唱!

画像


安保法案 ふざけた法律
安保法案 だめな法律
なんでもかんでも強行採決さ~

安保法案 ふざけた法律
安保法案 ためな法律
なんでもかんでもアメリカのいいなり

絶対反対! 絶対反対!
じたばたすんじゃねえ!
ざまあまやがれ! ♪

と清志郎が降臨したかのようなアクションだっぶりで歌い終わった後~


国会を指差し、「安保法案」と言ったらみんなが「バルス!」と叫んでくれとカッコいいパフォーマンスを披露してくれました。

バルスは天空の城ラピュタの呪文、滅びの言葉です。
茂木さんは「戦争法案閉じよ!」と呪文をかけたのでしょうね。




そして9/6学生と学者による新宿ホコ天街宣

画像

予報では大雨の恐れもありましたが、伊勢丹前の歩行者天国(ホコ天)には黒山のような大勢の人が集まりました。

国会前だけで12万を集めた戦争法案反対の勢いは止まることがありませんでした。

SEALDsの若者のスピーチはいつ聞いても胸を打ちます。

そして国会議員のトップを切って、蓮舫さんが、「この法案は絶対に、本当に止める!」と歯切れのいい力強い素晴らしいスピーチでした。

画像




主催者発表では12000人もの人が集まったようで、時折強い雨が降り傘を差しながらも参加者のボルテージは上がる一方です。

公明党元副代表の二見さんもスピーチ
「公明党は平和の党に立ち返れ!安保法案ぶっ潰せ!学会員は立ち上がれ、学会は公明を説得せよ。沈黙は金でない、瓦礫だ」
大きな拍手に包まれました。


新宿のホコ天を完全にジャックし、新宿の空に鳴り響く「戦争法案反対」のシュプレヒコール!!

画像

「民主主義った何だ!」
「戦争反対!平和を守れ!」
「勝手に決まるな!」
「戦争をしたがる総理は要らない!」
「憲法読めない総理は要らない!」
「国会サボる総理も要らない!」
「誰も殺すな!」
「アベシンゾウから日本を守れ!沖縄守れ!若者守れ!子供を守れ!未来を守れ!」
「Isay 国民 You say なめんな!」
「Isay 安倍 You say 辞めろ!」
「Show me what Dwmocracy looki like」(デモクラシーってどんなものか見せてくれ)
「ノーパッサラン」(奴らを通すな!)

コールが止めどなく続き、「裸の王様って誰だ!」「アベだ!」
最後まで諦めずに闘うことを宣言して街宣は終わりました

私のブログもこのところ政治ネタが多くなっていることに気が付きます。

多趣味であることを自他ともに認める私ですので、いろんなネタでブログを書くつもりでいましたが、昨今の日本の極めて危ない流れを慮り当面は政治ネタを優先すべきと考えるに至りました。

画像
画像
画像

私の持論として、日本という国が平和に保たれ、なんとか生活が出来、自分が健康でいられる延長線上に趣味を楽しめると思っています。
その前提である日本の平和が非常に危なくなって来ました。

画像
画像

大企業等の一部の人以外生活も苦しくなって来ています。
そして情報が得にくくなっていますが、放射能汚染は東日本どころか全国に広がっています。

消費税率が上がり諸物価が軒並み上昇する中、国民の所得は減る一方です。
そして消費税を含め私たちから徴収した血税は国民のための社会福祉や東日本大震災の収束・復興に使われません。

近隣諸国の脅威をことさら強調して防衛費は膨らむ一方であり、時の首相が海外歴訪すれば湯水の如く天文学的なばら撒きをしています。

そしてこの時期にやるべきではない五輪招致を世界に嘘を発信してまで行い、その後の新国立競技場、五輪エンブレムと目を覆うような失態続きなのはご承知のとおりです。


思えば、稀代の悪法である秘密保護法を狂気の強行採決した時に、日本の羅針盤は大きく歪んでしまいました。
ここに負の楔を打ち込み、その後の庶民虐殺とも言えるような棄民政策のラッシュが始まります。

今、日本中に激震が走っている「戦争法案」・・・「安保法案」等と呼んで欲しくないとんでもない代物です。

日本が属国であることを心底思い知らされるような法案を、なぜ国民を騙してまで通そうとするのでしょうか。

日本にとって今一番必要なのは自立なのです。
戦後70年経ってもまだ属国のままを望むのですか。

時の総理が職を賭してやるべきことは、戦争法案を強行成立することでも改憲でもありません。
「日米地位協定」の見直しであり、改善なのです。

米国に押しつけられた憲法が気に入らないのであれば、どうして日米地位協定に言及しないのでしょうか?
未来永劫、恒久的に米国統治を願っているとしか思えません。

米国と信頼関係を構築することは大事だと思います。
そして同時に近隣諸国とも胸襟を開いて友人になることも重要です。

軍事力増強などなんの抑止力になりません。
押しつけられたのかも知れないが、日本に馴染み世界で称賛される憲法なんですからもう日本の宝物なんです。
米国には逆輸入をお願いしましょう。
平和憲法を世界中に拡散すること、それこそが「積極的平和主義」だと思います。


日本は今とても重要な局面を迎えています。
週末の予定が気になるのも結構!、スマホ三昧でも結構!趣味に没頭するのもいいです。
ただ、その数分の一の時間でいいから政治に関心を持つべきだと思います。

戦争になったら、貴方のしたいすべてのことがもうできないのです。
貴方自身の命も、貴方が愛する人の命も、あなたの家族の命も、沢山の同胞の命も、他国の人の命も・・・奪われてしまう~それが戦争なんです。

戦争、武力衝突を避けるために徹底的に話し合う~それが外交です。
戦争したがる総理は要らない!、外交できない総理も要りません

手遅れになる前に、ほんの少し立ち止まって考えることが必要だと思います。


日本は今、本当に一大事なんです。
戦後70年談話が71年、80年、100年、永遠に語り継がれることを心から願っています。

画像

8.30国会抗議行動は主催者発表12万人(警察発表は3万人)どうして4倍も違いのか理解に苦しみますが、ヘリでも上空からの写真を見れば、前者が正しいことは誰にでも分かると思います。

画像

12万は国会周辺での実数であって、近隣の日比谷等を含めると35万人もの人が集まっていたという情報もあります。

海外での反響も大きく、イギリスのBBCは「こんな場面は日本では前代未聞だ。日本人は政治に対して冷淡だとしばしば言われていたが、今、彼らが求める声は熱い、目下の疑問は、安倍首相がこの声に耳を傾けているかどうかだ」と伝えています。

肝心要の日本のマスメディアは果たしてどのように報道していたでしょうか?




雨が時折強く降る悪天候の中、大シュプレヒコールの嵐・・・・・

「戦争法案絶対反対!」「平和を守れ!」
「9条壊すな!」「勝手に決まるな!」
「国民舐めんな!」「戦争をしたがる総理は要らない!」
「どうでもいいなら、安倍が辞めろ!」



そして、ゲストのスピーチが始まり耳を澄ませますと・・・・
SEALDs関西の女性がマイクも持ちました。

画像

大阪から来ました寺田ともかと言います。

私たちは今、こみ上げてくる怒りや衝動を、肉体的な暴力や一時的な快楽で誤魔化すことなく、言葉と不断の力によってここに集まっています。

 安倍首相、私たちの声が聞こえていますか?

 この国の主権者の声が聞こえていますか?

 自由と民主主義を求める人たちの声が聞こえていますか?

 人の命を奪う権利を持つことを拒否する人間の声が聞こえていますか?

先週テレビで国会中継を見ていたら、イラク戦争での米軍の戦争犯罪について安倍首相が質問を受けていました。

米軍が民間人の家に立入り、戦後5ヶ月の赤ちゃんを含む無抵抗の11人を銃殺したこと。子どもたちが通う学校を米軍が占領し、それだけは止めて欲しいと非暴力のデモを行なった市民に対して、米軍が銃を向け、次々に射殺したことを。

ファルージャ総攻撃では息をしている者はみんな殺せという指令のもと、女性も子どもも家畜も、助けにきた救急隊員も白旗を握りしめていた少年でさえ皆殺しにされたことを。

これらの米軍の行為は戦争犯罪ですよね?と山本太郎議員に問われた安倍総理は、これに答えることができませんでした。

『事実確認ができないので、戦争犯罪だと断定することはできない』という理由でした。

だったら私が代わりに答えます。イラクでの米軍の無差別殺人は戦争犯罪です。

私はこの法案が通ることによって、こういった殺人に日本が積極的に関与していくことになるのではないかと、本当に居ても立ってもいられない思いです。

すべての命には絶対的な価値があり、私はそれを奪う権利も奪うことを許す権限も持っていません。

なぜならいくら科学技術が進歩しても、私たちは死んだ人を生き返らせることはできないし、奪った命を元に戻すことはできないからです。

今、この法案を許すことは私にとって自分が責任の取れないことを許すということです。

それだけは絶対にできません。

私はこの国の主権者であり、この国の進む道に責任を負っている人間の一人だからです。

70年前、原爆で空襲でガマの中で、あるいは遠い国で餓死し、失われていったかけがえのない命を取り戻すことができないように、私はこの法案を認めることによってこれから失われるであろう命に対して責任を負えません。

私の払った税金が弾薬の提供のために使われ、遠い国の子どもたちが傷つくのだけは絶対に止めたい。人の命を救いたいと自衛隊に入った友人が国防のためにすらならないことのために犬死ぬするような法案を、絶対に止めたい!

 国家の名の下に人の命が消費されるような未来を絶対に止めたい!

 敵に銃口を向け、やられたらやるぞという威嚇をするのではなく、そもそも敵を 作らない努力を諦めない国でいたい!

 平和憲法に根ざした新しい安全保障の在り方を示し続ける国でありたい!

 私はこの国に生きる人たちの良識ある判断を信じています。

 国民の力を持ってすれば『戦争法案』は絶対に止めることができると信じます。

いつの日か、ここから、今日、この一見、絶望的な状況から始まったこの国の民主主義が人間の尊厳のために立ち上がる全ての人々を勇気づけ、世界的な戦争放棄に向けてのうねりになることを信じ、2015年8月30日、私は戦争法案に反対します」


素晴らしいスピーチでした。
目頭が熱くなるのを感じました。


彼女の言葉に12万の人すべてが聞き入り、割れんばかりの拍手が起こりました。


安倍さん、あなたはもっと冷静になり理性的になるべきだ。
そして、大多数の国民の声を謙虚に耳を傾けるべきだ。
日本がとんでもない選択をする前に・・・