サイトマップ
RSS
舛添都知事が袋叩き、火炙りにされかねない状況である。
報道で知る限り公私混同は甚だしく、自業自得と言わざるを得ない。

ただこの凄まじいバッシングの裏には、自民の改憲案を批判していること、お台場カジノに反対、東京五輪の経費抑圧等が、要因であるとネットで囁かれている。
ベッキーから、清原、そして今は舛添氏にターゲットが移った感があるが、こういう大バッシングの裏で何か不都合を隠したいという狙いがあり、国民の目を逸らす常套手段として使われることが多い。
今回もスケープゴートの陰に隠れて、未だに睡眠障害という奇病で休養中の甘利元大臣の証人喚問等から目を逸らしてはならないと思う。

アベ氏が国会で民進党の議員に対して「勉強不足」と指摘しつつ、自らを「立法府の長」と発言したことは驚愕だ。
ポツダム宣言をよく読んでいない、日本国憲法を読めない人と揶揄されてはいるが、三権分立の精神も知らなかったのだろうか。

その後「もしかしたら言い間違えたかも知れない」と語ったようだが、複数回発言している。
これは単に言い間違えたというレベルの話ではない。
首相が行政府は勿論、立法府や司法府の長まで兼務するとしたら、もう独裁国家としか言いようがない。
緊急事態条項を先取りしたような超法規的な独裁体制確立である。

どうして民進党の議員は間髪入れずに「あなたこと勉強不足だ。三権分立のことさえ知らないでいたのか?」と反論すべきところだった。
それができなかったのは、アベ氏同様に知らなかった或いは間違いに気がつかなかったのか・・・・
お粗末な話である。
そしてマスメディアは大々的に取り上げないのか?
舛添氏には情け容赦なく追求するのに、アベ氏だと何故一斉に沈黙してしまうのか。

都民税を公私混同で使った舛添氏にバッシングの嵐であるが、血税を2年間で70兆円も湯水の如く海外でばら撒いたアベ氏がセーフだというのは納得のいかない話である。


5/21は憲法フォークジャンボリー番外編「ABE is OVER」が開催された。
一億総活躍どころか、一億総不幸時代~この危機的な状況を歌の力で変えて行こうとのコンセプトです。


画像
画像
画像

出場者、飛び入り参加の人たちの力強いメッセージ曲が続く。

杉原こうじさんの日本の武器輸出を憂いた「潜水艦落ちた 武器輸出やめろ」の話がなかなか有意義であった。

米兵器爆買い!
武器輸出を拡大
大学で軍事研究

日本の企業よ、死の商人になるなと心から思う。

そしてライブの最後は歌姫みほこん~

画像

画像

みほこんはいつにも増して声の伸びはよく、バイオリンの音色も素晴らしかったと感じた。

ライブ終了後の打ち上げでは、みほこんのご指名でその場でお借りしたギターを弾き、バイオリンとのユニットで「教訓」を唱和~


日本をゆがめる大軍拡反対! 私たちは声を挙げていかなくてはならない!


5/9の最新のNHK世論調査によると内閣支持率は前回より3%アップの45%に、不支持率は反対に3%下がり36%になったという。
政党支持率は自民党が2.1%アップの37%、野党第一党の民進党は0.9%ダウンの8.2%とされる。

世論調査に関しては当然ながら全国民にアンケートをとった訳ではなく、個別訪問面接聴取法や電話によるRDD方式、インターネット等の調査方法があるが、RDD方式が主流であるようだ。
この場合、回答者の抽出方法や質問の仕方によってもだいぶ結果の差異は出るのであろう。

しかし大半のメディアが長期的に50%近い支持率を得ていると発表していることにいささか驚きもする。
それほど現政権への国民の評価が高いのかとなると、否と言わざるを得ない。
政権の過度なメディア介で萎縮してしまったのか・・・それは少なからずあると思われるが、それがすべてはないだろう。

では何故か。
民進党が反自民の受け皿にならないからだと思う。
大人しく従順である国民が、意を決して政権交代を望み民主党に託したのに裏切ったからである。
民主党政権になってよくなったことは少なくはない。
ただ政権途中で体質が自民党化し、政権運営に不慣れな第二自民党になってしまったことが原因だと思う。
自民党と同じ土俵に上がり稚拙さを露見してしまうなら、本家の自民党に勝てる筈がない。

圧倒的な議席を国民から与えられたにも拘わらず、消費税増税を争点にして自爆解散してしまったのではもう話にならない。
その時のS級戦犯たちが未だに民進党の中核に居座っていたのでは、国民の理解を得ることは極めて難しいと思う。
メンバーを純化し、自民と同じ土俵でない民進党独自の方向性を打ち出さなければ国民の支持は拡がらない。
アベ政権の政策と明らかに違い、国民の声を真摯に傾ける胆力があるかどうかにかかってくると思う。
何度も言うが、反自民の受け皿不在が、内閣支持率の高止まりの大きな要因であろう。
これでは選挙に行く気も起こらず、政策にさほど違いがないのであれば政権慣れしている自民に票を投じることだろう。

国民の閉塞感は極限に達することになる。
問題は民進党に期待に応える、その覚悟があるかにかかっている。

今なお余震に怯える熊本地震への被災支援には23億しか拠出しないのに、パナマのモノレール事情に2800億の円借款を供与とネットで批判が起こっている。
自国内で大地震が発生し、多くの死傷者が出て10万人を超える避難者が手ている状況であるにも拘わらず、外国に千億規模の支援を決めた根拠は何なのか?

熊本地震については「激甚災害」の指定も何故か遅れ、閣僚からは大地震との認識を持っていないような発言すらある。
被災支援の金額の少なさ決定の遅さに不満の声が上がっていた。
アベ氏の選挙区である山口県を襲った集中豪雨の際、即刻「激甚災害」に指定したこととの違いも説明する必要を感じる。

それもこれもネットでなく、何故マスメディアが大きく取り上げないのか。


開催されるべきではない東京五輪の費用が当初予定の6倍というとんでもない額になっているという。
立候補時に提示された「立候補ファイル」での3013億の6倍の1兆8000億にも及ぶという信じ難い金額である。

東日本大震災の復興が全然終わっていないのに、五輪もないものだとの批判に対して既存の施設を活用するコンパクトな「世界で一番カネのかからない五輪」にすると言っていたのではなかったのか。
「汚染水はアンダーコントロールされています」と世界に向けて大嘘をついて招致を決めたのは記憶に新しい。

原発事故もそうだが、誰がいつ、どう責任をとるのか!
原発事故では誰も謝罪しなかったし、誰も責任をとっていない。
詐欺だと言われてもしょうがない東京五輪の費用についても、多分そうなるだろう。
民間会社であれば担当者、管理監督者、共に懲戒罷免が必至である。
日本株式会社では、何故かいつも決まってそうはならない。
尻ぬぐいはいつも国民がさせられている。

都知事の豪華すぎる海外出張や公用車の使用が大きな問題になっているが、これも同様である。
こんなことに使われるための都民税を払っているのではない。

あまりにも国民を、都民を蔑ろにしている。
適切な税金の使い方をできない方々には、断固辞めていただくしかないと思う。

画像

ダイサギで、名前だけ聞くと上記の人々を連想してしまうが、清楚で上品な鳥である。