RSS
また久しくブログの更新を怠りました。

その間にいろいろありましたね。
辺野古の海には容赦なく土砂を投入、タレントのローラさんがホワイトハウスに「辺野古埋め立て反対」の嘆願署名を募り、既に20万筆と突破。
これに芸能人の政治的発言とバッシングが起る。
しかし安倍首相応援団のような発言をしている芸能人にはお咎めなしで、これは実におかしな話だ。

そんな中、安倍首相が土砂投入の話題を振られた際に、「普天間返還を行うために代替の基地を辺野古に作る。そして土砂を投入していくにあたり、サンゴについては移している」と発言。
これは何とも問題発言だったと思う。
米国と辺野古に基地ができれは普天間は返還するとの約束は交わされていない筈。
サンゴの移植については、子供でも分かる答弁だったと失笑されるだろう。
五輪招致の際の、汚染水はすべてアンダーコントロールされているに匹敵する大嘘となる。

その五輪招致における贈賄疑惑でJOCの竹田開講が仏司法当局から捜査対象になっている。
これをゴーン氏逮捕の報復とみる意見もあるが、そうではあるまい。
2億5000万とされる賄賂の真偽について、日本国民はもとより世界に向けて説明責任があるだろう。
余りにもダーティはイメージが付きすぎた2020年東京五輪、中止を求める声も多いがどうなることか。
因みに1940年に開催が決まっていた東京五輪は日中戦争の長期化により、中止になっている。



嘘から出た実ということわざがあるが、今回はそうはならないだろう。
私的には東日本大震災の復興もできていないこの時期に五輪招致することに反対だが、あと1年半となってしまった状況でいったいどうするのだろうか?

最近読んだ「オリンピックの身代金」はドキュメンタリーではなく小説で、格差社会に反感を持つ若者が草加次郎をかたり五輪を人質にテロを企てる内容だが、
1964年東京五輪の裏側をえぐる描写が多く読み応えがあった。

オリンピックの身代金