RSS

ロボットは進化せず、勧善懲悪にならないストーリーは今も受け継がれている。

私がマンガを見始めた頃はまだ週刊誌などはなく、月刊誌が全盛の時代でした。

「少年」「少年画報」「冒険王」等の月刊誌があり、たしか「少年画報」には「赤銅鈴之助」や「まぼろし探偵」が連載され人気を博していましたが、「鉄腕アトム」「鉄人28号」等が始まった「少年」に№1を地位を奪われたように記憶しています。

鉄腕アトム

鉄人28号

同時は分厚い本誌の他に、その続編がコンパクトタイプの付録として多数ついていて本からはみ出さんばかりに入ってボリュームたっぷりで、なんか得したような感じになりました。

当時はロボット漫画の「鉄腕アトム」や「鉄人28号」の活躍に心をときめかせましたが、あれから長い月日は経過してもあのような精密ロボットは完成に全然至っていないですね。

全盛を迎えていた月刊誌も週刊誌の台頭により、その地位を取って代わられしまいます。

「少年サンデー」「少年マガジン」が人気を争い、「少年サンデー」に連載が始まった「伊賀の影丸」に夢中になってしまいます。

伊賀の影丸

独特の忍法を駆使する忍者バトルの面白さは抜群でしたが、主人公の影丸以外の
仲間の忍者がことごとく倒されてしまうのが衝撃的でした。
それまでの少年マンガでは仲間がやられてしまうことは稀有だったからです。
主人公が倒されることはないにしても、勧善懲悪とはならないストーリーが子供心には驚きであり斬新だったですね。

この時代の漫画家である手塚治虫、横山光輝さんは巨匠であったと思います。
先日亡くなられた水木しげるさんを含めて時代を超えたレジェンドになると感じます。

さて、私にカルチャーショックを与えた勧善懲悪にならないストーリー。
残念ながら絶対に勧善懲悪にならないストーリーが日本の政治シーンではずっとそのまま続いています。
「月光仮面」でも「ウルトラマン」でも「遠山の金さん」でも「桃太郎侍」でも誰でもいいから悪が栄えないことを示して欲しい・・・・

約4ヶ月ぶりに国会が開催されました。
のんびり国会中継を見ている時間もないし、顔も見たくない人もいるため見ておりませんが、国会答弁が常軌を超えていると言われています。

ガキみたいな答弁

決められる政治と独裁とはまったく違うのです。


銭のためなら 国民泣かす
それがどうした 文句があるか~♪

アイム・ソーリではもう済まないところまで来ているようですね。
自発的な辞任を待つのではなく、国民の手で辞めさせることが現時点で日本を守る最良の選択肢だと思われます。



前の記事
次の記事
COMMENT
[24] セブン上司 | 2016/01/17 21:56
ダークナイト さん

その替え歌は、先日テント村でのコンサートの時に聴いた物です。
日本の現状を的確に捉えていると感心してしまいました。
もう自分のことは自分で守らないと、大変なことになります。

マイナンバーで資産まで管理しようとしていますし、主権を国民から国家に移行しようする奴隷化の大暴走が止まりません。
それを実行力があると勘違いしているようですから、バカにつける薬はありませんね。
[23] セブン上司 | 2016/01/17 21:48
ゲジヒト さん

手塚先生、藤子先生は過労死、横山先生は火事が原因で、まだ一頑張りできる年齢だったと思います。
根を詰めるし、徹夜の連続でしょうから体調を崩しますね。
それでも地位を確立してアシスタントを使える場合はまだいいですが、そこまで行っていない人は体力勝負になります。
まだお若い方が急逝するのはそうことが原因だと思います。
[22] セブン上司 | 2016/01/17 21:39
るろうに抜刀斎 さん

本当は異を唱える人はいるのだと思います。
それが派閥の解消や小選挙区制のために、下手に批判すると選挙で手痛いしっぺ返しに遭うという恐れがありできないのだと感じます。

それじゃサラリーマンと同じじゃないかと言いたいところですが、政治家は落選したらただの人ですから怖いのでしょう。
その結果みんな右より金太郎飴状態で、リベラル派は絶滅状態ですね。
[21] セブン上司 | 2016/01/17 21:32
TOMOKO さん

そのご意見に賛成です。
もう半世紀前にあのような超高度の精密ロボットを作っていたなんて、ノーベル科学賞必至ですよね。
御茶ノ水博士は偉大です。
水道橋博士ではダメですかね。^^
[20] セブン上司 | 2016/01/17 21:28
奴等を通すな さん

そうですか・・・・
本当は国会中継は見た方がいいのでしょうが、今のように与党で過半数を握っている状況だと与党の質問者は不必要な気がしますね。
官僚の作った解答を棒読みする人がほとんどで、あれでは官僚にバカにされるのも無理ありません。
資料として参考に見るのならまだしも、そのまますべて棒読みするのなら政治家を辞めなさいと言いたくなります。
[19] ダークナイト | 2016/01/17 21:00
銭ためなら~というその歌詞を見て笑ってしまいました。
言えていますね。
銭のためなら、国民の健康も生命も財産も一顧だにしないのがよく分かります。
そんな人たち、総とっかえしましょうよ!
[18] ゲジヒト | 2016/01/17 13:00
手塚治虫さん、横山光輝さんは私も天才だと思います。
藤子不二雄さんもそうですが、若くしてなくなられていて激務なのでしょうね。
私は白土三平さんも好きでした。
伊賀の影丸あとはまた違う切り口で、アダルトなファンが多かったように思います。
[17] るろうに抜刀斎 | 2016/01/17 12:54
しかし、国会の劣化にも困ったもんです。
自民の中にも誰か安倍さんに反対意見なり、注意を促す人はいないものでしょうかね。
あれだけの議員数がいてみんな同じ考えでいるとしたら、とても怖いことです。
幼児のような答弁をこれ以上聞きたくないと思うのは、私だけではない筈ですよね。
[16] TOMOKO | 2016/01/16 22:53
現代の科学力では高性能はロボット開発は無理ですよね。
やはりお茶の水博士がいないとだめなのでしょうか?(笑)
[15] 奴らを通すな | 2016/01/16 22:50
運悪く、国会中継を見てしまいました。
謙虚さがまったくなく、幼児性の極みという感じで、気分が悪くなりましたよ。
早く辞めさせないとどうにもなりません。
野党は頑張れ!
[14] セブン上司 | 2016/01/16 22:31
今日子 さん

あははは~
気が多いだけかも知れません。
私も最近アニメを映画を観る機会は多いです。
確かに「アナと雪の女王」は良かったです。
動画の素晴らしさは勿論、主題歌が素晴らしかったですね。

「ベイマックス」は最高でした。
ベイマックス、もう大丈夫だよと言わせて離れていくシーンは思わず涙ぐんでしまいました。
あなたの体と心を守りますのベイマックスは是非欲しいところですが、真逆の「アベイマックス」は要りません。
[13] セブン上司 | 2016/01/16 22:24
グリーンゴブリン さん

そうらしいですね。
私は「金田一少年の事件簿」が好きなんで、マガジンはよく読んでいます。
人気のチャンピオンはほとんど見ないので、どんな作品が人気あるのかは知らないです。

TTPと日本のアニメとの問題は勉強不足でよく分かりませんが、たぶん影響があると思います。
それと児童ポルノ法が改悪で、過剰の規制がされるのが馬鹿げていますね。
気に食わない奴を陥れることに悪用される可能性が高いと思います。
[12] 今日子 | 2016/01/16 22:19
セブンさんのブログは本当にレパートリーが広いですね。
私はあんまりマンガが見ない方かもしれませんが、TVや映画のアニメは好きです。
「アナと雪の女王」とか「ベイマックス」はよかったです!!(*^_^*)
あと、ジブリの作品も好きですよ!
[11] グリーンゴブリン | 2016/01/16 22:12
大変興味深い記事で、参考になります。
週刊誌は現在「少年チャンピオン」が独走みたいですが、創成期にはサンデーやマガジンが競っていたんですね。
私はマンガが好きなんで、毎週買って読んでいる口です。

マンガやアニメは日本が世界に誇れるカルチャーですので、衰退して欲しくないです。
TTPに参加したらその辺りはどうなんでしょうか、気になりますね。
[10] セブン上司 | 2016/01/16 22:06
平和を願う一市民 さん

そう、そうです。付録が入ってはち切れんばかりのボリュームの本をゴムバンドで止めていました。
付録の方はコンパクトのサイズで、本誌連載の人気マンガの続編が取り揃えてありました。
あの印象が強かったので、当時の週刊誌にはしばらく馴染めませんしたね。

それでも週刊誌もその後人気マンガにはカラーの扉絵がついたりして、どんどん良くなりました。
今は凄く厚くて、マンガがギッシリ詰まっているみたいですね。
最近のマンガでは「金田一少年の事件簿」なんかが好きです。^^
[9] セブン上司 | 2016/01/16 21:59
keiko さん

高性能ロボットは子供の頃からロマンでしたが、鉄人やましては思考能力を備えたアトムを作るにはまだまだ科学の進歩が足りないのだと思います。
それでも最近は、おおっと思うようなロボットが登場しつつありますね。
クローン人間やサイボーグなんかが先行しそうですが、ある意味怖いかも知れません。
マイナンバーも要注意ですね。
[8] セブン上司 | 2016/01/16 21:53
スージィ さん

子供の頃のお小遣いだと月刊誌を買うのも大変でした。
貸し本屋さんから借りたりもしていましたよ。
私は少女マンガの方は不得手ですが、たぶん少年マンガの方が面白いだろうとは感じます。

週刊誌の初期から藤子不二雄さんや赤塚不二夫さんらも頭角を現して来ました。
巨匠といえる方々は次々にこの世を去られましたが、藤子不二雄Aさんが最後の大物として健在です。
[7] セブン上司 | 2016/01/16 21:44
アイアム・ノット・アベ さん

激しく同意します。
すべてにおいてあり得ないづくしです。
本来はアンパイヤであるべきマスメディアが一切批判せず、それどころか懸命にサポートしている現状は極めて深刻です。
新聞やTVを情報源にしている国民は多いですからね。
国会はまったく機能せず、極めて危ない流れが進行中です。
[6] セブン上司 | 2016/01/16 21:39
クジラのベーコン さん

あっ、ご存知でしたか!
敵味方の忍者バトル、斬新でしたよね。
あの方式が、プロレスの総当たり制のリーグ戦等で踏襲されていると思います。
横山先生も、毎回キャラクターや忍法を考えるの大変だっと思います。
強いと思った忍者が意外に弱かったり、反対にすぐやられてしまうと思われた忍者が結構手強かったり、ストーリー展開も秀逸でした。
[5] 平和を願う一市民 | 2016/01/16 21:32
分厚くて輪ゴムで止めてある月刊誌、懐かしいです。
週刊誌なんかない時代でしたから、月一回の発行日が待ち遠しかったですよ。
あの頃のマンガがどれも夢がありましたよね。
手塚治虫さんは科学や医学も含めて博学だったのだと思います。
最近のマンガはほとんど知れませんが、子供たちに空想力やヒューマズムを感じさせる作品があるのかちょっと気になります。
[4] keiko | 2016/01/16 21:24
セブンさんの仰るように科学は発達してもアトムや鉄人のようなレベルにはほど遠いですよね。
それよりもクローン人間の方が早く完成して怖いような気がします。

アトムのような高性能なロボットがいてくれたら、原発事故の収束作業も格段に捗ったと思います。
[3] スージィ | 2016/01/16 21:19
月刊誌だった少年マンガって楽しかったでしょうね。
週刊誌となると漫画家さんも大変だと思います。
私は少女マンガよりも少年マンガが意外に好きでしたよ。
手塚治虫さんのブラックジャックは好きだったなあ~
[2] アイアム・ノット・アベ | 2016/01/16 21:09
これほど幼児性の強いソーリをみたことはないですね。
もう人間として終わっています。
こんな人を支える自公の議員、マスメディア、経済連等自己嫌悪に陥らないのでしょうか。
まともではありません。
[1] クジラのベーコン | 2016/01/16 21:03
おお、懐かしい~!
伊賀の影丸に、私も夢中になりました。
サバイバルな忍者バトルでしたよね。
主役は影丸であっても、実際は多彩な忍法を使う敵や味方の忍者たちでした。
本当に生き残った味方って僅かでしたね。
子供心にハードボイルドなリアリズムと感じた作品だったと思います。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):