私たちの未来に、心からごめんなさいを・・・・・

連日、官邸前では抗議集会が行われています。

画像

無理はありませんね。

放射能汚染は深刻度を増す最中、都合の悪い事はすべて隠蔽されて、健康被害について問題提議でもしようものなら「美味しんぼ」ではないですが、風評被害として閣僚レベルが相次いで異議を唱え、マスメティアからバッシングを受けるという異常な状況に陥っています。

昨日は、原発再稼働反対、放射能禍を憂う人々が多数集まり、「原発も安倍も共にやめろ!」とシュプレヒコールを上げました!


反原テント広場付近にはどなたが書いたのが風刺の絵がずらっと並び、まさに国民の声をうまく表現しています。

自民党からのプレゼント


東日本大震災はもう過去のことで、原発事故も収束した・・・・なんて思っている人がいるとしたら認識違いも甚だしく、原発作業員の方々の決死の作業で延命しているだけのことで、危機的な状態は続いています。

電気も足りているのに今止まっている原発を再稼働はあり得ない話であり、外国に原発を輸出するなどとは正気の沙汰ではありません。

今すぐすべての原発を廃炉にしても、気が遠くなるような年月を未来の世代に委ねなければなりません。



それなのに、骨太の成長戦略とか言って、


・外国人労働者の積極的名受け入れ

・法人税(6%の引き下げ)

・残業代ゼロ法案の早期可決

・年金積立金の運用方針の変更

・配偶者控除の見直し(削除)

・農業制度の大幅な改革(JAの廃止)

・医療制度の緩和(混合診療の拡大)

・新たな労働制度の創設



そしてさらに

・残業ゼロ法案の更なる適用範囲の拡大

・医療分野の大幅な規制緩和

・大量の外国人受け入れ

・国家戦略特区の推進

・カジノ構想

・公的年金給付額を物価上昇率が低くても抑制減額する仕組みを来年度から導入検討



さらに訳のわからない課税の雨嵐は吹き荒れ


携帯電話税、パソコン税、死亡税、パチンコ税その他諸々を検討中とのこと。


国民に内容をひた隠しにしたままTPP交渉は続き、やっては絶対にいけない改憲を国民を問うことなく、僅か18名の閣僚の合意で強引に変えてしまう。


もうメチャクチャで話しになりません。

現在の子供たち、そしてまだ産まれてもいない私たちの未来である日本の担い手に、ここまで過酷で背負いきれない負の遺産、思い十字架を背負わせてどうするのでしょうか?

彼らはまだ選挙権もないし、まだ産まれていないのです。


子供たちに、そして私たちの未来たちに、心からごめんなさいと謝りたい気持です。

そしてその負の遺産をできる限る軽減することが、今を生きる私たちの使命であると思います。

ソラマチの短冊

スカイツリーに隣接するソラマチの正面入り口の前では七夕飾りが設置されています。


通りかかる人がいろんな思いを込めて短冊を付けています。

仕事のこと、恋愛のこと、将来の夢、希望、悩み〜etc、私の願いはただ一つ、「平和」です。

日本が平和でなければ、生活も趣味も貴方の愛する人もすべて失ってしまうのです。

Wカップや五輪で浮かれている場合ではないです。