RSS
経験したことがないような過酷な暑さが日本列島を襲った7月、8月も過ぎ9月を迎えた。
暦の上では秋なのだが、当分の間はそんな気分には浸れないだろう。

平成最後の夏とささやかれるが、西日本集中豪雨も記憶に新しいしその後途切れることがなく発生する大型台風による被害・・・いや、その前には東日本大震災が起こり、史上最悪の原発事故に遭い、まだ復興半ばなのだ。
それなのに、そんなことはなかったかのように五輪、五輪と国を挙げて騒ぎ立てるのは如何なものかと思ってしまう。
新しい年号に変えることにより、嫌なことは忘れてしまおう(忘れさせてしまおう)~そんな訳には絶対にならないし、してはいけない。

第一何故いつまでも年号に拘るのかも疑問。
西暦で統一でいいではないかと思う、その方が年齢も数えやすいし余程スッキリする。
五輪はスポーツの祭典だが、スポーツ界から次々に問題が噴き出していて、まさに政界と表裏一体の感がし、もう五輪開催以前の問題のように感じてしまう。

もうヒートアイランド現象で熱帯と化している東京で、夏季にスポーツイベントをやるのは無理がある。
その対策として高校生まで動員することもで考えているようで、これじゃ学徒動員じゃないか。
そして銀メダルの銀が足りないので、国民から提供を呼びかけるに至っては戦時中を彷彿させる。
サマータイムの導入、夏季休暇を五輪に期間に合わせることを奨励って、おかし過ぎやしないだろうか。
共謀罪なくして五輪はできない、まったく本末転倒である。
そこまでして五輪を何が何でも開催する意義はまったくないと思う。
五輪の強行、カジノ法案成立、改憲?日本は何処に向かうのだろうか…



暑さの中、何回か都内23区の緑地を歩いてみた。

カナブン
樹液にはカナブンが群がる光景が。

カブトムシ
カブトムシがツノを付き合わせて樹液で争っていた。


その10日程後に行って見ると・・・

コカマキリ
暑さのためか樹液は枯渇して何も見当たらず、コカマキリが歩く姿が。

アブラゼミ
セミの姿も夏の終わりを感じさせ、哀愁を誘う。


そう言えば、某公園に「食用のためにセミを穫らないでください」という立て看板が立ったという。
いくら何でもそんなことがあるのかと思ったが、事実大量にセミを穫っている人がいるらしく、平成最後の夏はなんともいつもと違って異形であったとしか感じられてならない。


西日本豪雨の甚大な被害は拡がる一方で、1982年の長崎大水害以来の大被害となった。
亡くなられた方は220名を超え、今なお6000名の方々が避難生活を余儀なくされている。
そしてそれに追い打ちをかけるかのようなこの記録的な猛暑である。
避難されている方々の健康がとても心配だ。

会期を延長した国会では、そのような痛みをまったく意に介しないように、定員減「身を切る改革」選挙制度抜本見直しを反故するかのように参院6増法案が成立、そしてギャンブル依存症が拡大すると国民的反対の多い「カジノ法案」が成立した。

モリカケ問題は解明なきまま実質閉会、国会の存在意識は失われ、政治に良心がまったく感じられないまま、日本はいったい何処へ向かうのだろうか。



三連休だった先週、気分転換に久しぶりに近場のフィールドを出かけたのだが、いやあ暑い暑い、意識朦朧となるような暑さだった。
昔から人一倍暑さには強いと自負していたのだが、撤回しなければならないと思った。
持参した水筒だけでは足りず、店に寄ってはアイスやかき氷を頬張るばかり・・・
フィールド散策はさっさと中止にし、近隣にある動物園に立ち寄ることにした。


ペリカンの仲間
種名をメモルのを忘れたが、ペリカンかサギに似たような鳥で、クチバシの下が袋状になっていて、エサを与える時は口を開けさせてその袋に投げ込むらしい。

オカピ
ジャイアントパンダ、コビトカバと並ぶ世界三大珍獣の一つのオカピ
尻と足はゼブラ風の模様が入っているのでシマウマの変種かと思いきや、キリンと近縁らしく、その証拠にキリン同様に頭部には一対のツノがある。

シロサイ
最近数が減っているとされるシロサイ。
大人しい草食獣だが、怒らしたら怖い存在だ。
耳をピョンと立てて歩く姿は勇ましい。

オオカンガルー
オオカンガルーは何を思ったのか、前脚を突き出してまるで催眠術をかけているようなポーズをとっていた。
カンガルー番のMr.マリックというところか。

コアラ
コアラは1日の内、20時間は寝ているとされ、私が今まで観たコアラは例外なく寝ていたが、今回のコアラは枝を渡り歩いたりしてサービス満点だった。
だが、木に辿り着いた数分後には熟睡していた。

アオバネワライカワセミ
休憩所で休んでいると隣に鳥のケージがあり、日本のカワセミに似た雰囲気の鳥がいて、ニュージランド産のアオバネワライカワセミだった。
ワライと付くのは顔が笑っているように見えるからではなく、鳴き声がヒトの笑い声に似ているからだという。


暑さにグッタリだった中で、動物たちとのふれあいは一服の清涼剤になった感がする。

佐川氏が不起訴になるとの情報が漏れ伝わっている。
改竄問題、セクハラと失態続きの財務省の責任者たる財務大臣は辞職を拒み続けている。
モリカケ問題であれだけ国会を空転させ、国民の疑惑は頂天に達しているのに安倍首相は責任を取ろうとしない。

これは異常なことだと思う。
将棋でいえばとっくに詰んでいる人が、まだ勝負はついていないと駄々をこねてしがみついていると言われても反論できないだろう。
一番怖いのは、国民が慣れてしまうこと、そして諦めてしまうことだと思う。
この5年余りで、日本がどれ程壊れてしまったかを、国民一人一人が検証しなければならない。
そして自民党の中からもこれではいかんという声が聞こえて来なくてはならない。
保守政党であっても、かってはバランスが取れていた。
自浄能力が少なからずあったと思う。
内政外政とも四面楚歌の状況なのに、何故代るべき人材が出てこないのか、不思議でならない。

セクハラの問題に関する意識の低さはも余りにも情けない。
忖度にしても、諸外国から見れば到底理解できない愚行と写るだろう。
潔さが死語になり、モラルハザードとなった落日の日本に未来はあるのだろうか。

ムサシノキスゲ

死んだ男の残したものは
ひとりの妻とひとりのこども
他には何も残さなかった
墓石ひとつ残さなかった

死んだ女の残したものは
しおれた花とひとりも子ども
他には何も残さなかった
着もの一枚残さなかった

死んだ子ども残したものは
ねじれた脚と乾いた涙
他には何も残さなかった
思いでひとつ残さなかった

死んだ兵士の残したものは
こわれた銃とゆがんだ地球
他には何も残さなかった
平和ひとつ残せなかった

死んだかれらの残したものは
生きてる私生きてるあなた
他には誰も残っていない
他には誰も残っていない

死んだ歴史の残したものは
輝く今日とまた来る明日
他には何も残っていない
他には何も残っていない


これは「死んだ男の残したものは」は歌詞だが、佐川氏の証人喚問を見てふと
この歌を思い出した。
それくらい不毛で哀しいドラマであったと思う。
丸川議員の尋問は疑惑の解明でなく、ただただ昭恵氏と官邸の関与がなかったと誘導し印象操作をしていたと思わざるを得ない。
佐川氏は「刑事訴追の恐れがあるため、お答えできません」を乱発したが、総理周辺の関与だけは明確に否定したことで、かえって疑惑を深める状況となった。
つまり刑事訴追のせいにして都合の悪いことは一切証言拒否をし、この期のおよんで「忖度」を最優先したようだ。

彼は汚名を被ってまで何を守ろうとしたのだろうか?
逮捕されれば退職金は支払われない、官邸に反旗を翻した籠池夫妻の非人道的な扱いに恐れを抱いたのか・・・
彼も被害者だという声もあるが、私はそうは思わない。
前川さんのように闘っている元官僚もいるのだから。
佐川氏が最後に語ってように、疑惑はまったく解明されなかった。
ならば、刑事追訴の対象でない、昭恵氏、谷氏、迫田氏らの証人喚問は絶対に必要だろう。
このまま幕引きは到底考えられない。
前掲の歌詞のように死んだ歴史の残したものは、私たちに何も残さないで終わるからである。


今年はここに来て桜が満開である。

桜満開

スカイツリーと花見

地元の公園からのスナップ

カワセミ12-23

このすぐ傍の池にはカワセミがいて、バレンタインデーまではその姿を確認できていたのだが、それ以降は見かけていない。
天敵に捕食されたのでなく、ぶらりとやって来たオスに誘われてエサ場を変えたのだと思う。
いつかヒナを連れて戻って来て欲しいと願う。

浜茜

家の水槽では桜吹雪模様の金魚が泳いでいる。

早いもので1月も今日で終わる。
2018年はいい年になって欲しいとの願いとは裏腹に暗いニュースばかりが目立つ。

相次ぐ米軍ヘリの不祥事は言語道断だが、内閣府副大臣が国会で「それで何人死んだんだ」とヤジるに至ってはもはや末期的だ。
どれだけ沖縄の人を苦しめ、傷つけているのかさえも分からないのであれば引責辞任どころか議員辞職をすべき、もっとキツく言えば人間も辞めて欲しいくらいの酷さだと思う。

人の心を失った人たちによって政治が行われ、改憲に並々ならぬ意欲を燃やすことは極めて危険であると感じる。
沖縄の悲哀は、ほどなく日本全体に拡がるだろう。
秘密保護法、安保法案、共謀罪、改憲・・・・その行き着く先は悲劇しか予想できない。


先週、東京にまとまった積雪があった。

雪とスカイライナー

私は寒さに弱いので、この程度の雪でもめげてしまう。
豪雪地方の方々の胆力には敬意を表する次第で、私は東京以北では到底生活できないだろうと感じてしまう。

最近の私の小さな楽しみの一つは地元の公園でのカワセミ・ウォッチング。
雪が降った数日後に、さすがにいないだろうと出かけてみると、氷が張った池の水の脇に元気にダイビングをしていて驚いてしまった。

カワセミ1-21

私の両親は東京の下町でその生涯を終え、スカイツリーを見ずにこの世を去りました。
見たらさぞ喜んだろうと思うと共に、東京大空襲を含めた戦争体験を繰り返し聞かせてくれたことを思い出す。
今も空の上から、昨今の日本の流れを苦々しい思いで見つめていることだろう。
戦争体験のない人たちによって、軍事国家に無理矢理変えられてしまうことを食い止めなければならない。

スカイツリー1-20

次の5件 >>