RSS

70回目の敗戦記念日に思う~

70回目の敗戦記念日を迎えました。

敗戦記念日

終戦記念日という表現が一般的ですが、私は敗戦記念日が適切だと考えています。
いかなる戦争であっても、やっていい戦争などある筈がありません。

昨今は戦後70年亘り日本が築いて来た平和の礎が揺らいでいます。
戦争を知らない世代が国民の大半を占める現状では、戦争したことよりも敗戦したことが痛恨だと発言する人さえいますが、とんでもないことだと思います。

無血で終わる戦争などありません。
勝った方も負けたほうも多大な犠牲を払い、心に生涯消えない傷を残すのです。
しかしながら年月というのは怖ろしいものです。
この世の地獄を味わった日本人がもう二度と過ちを犯さない、戦争はしないと70年前に不戦を誓ったのですが・・・

その間も、それでは飽き足らない人たちが絶えずいたことは間違いありません。
そして政治家自身も戦争を知らない世代が多くなり、軍事行動をできる国にするため解釈改憲をして集団的自衛権行使という穴を空けようと必死になっています。
個別的自衛権でなんの不都合もないのに、あり得ないケースを想定しなんとか自衛隊の派兵に漕ぎつけようと頭を捻っていますね。

当然の如く内閣支持率は急落し、戦争法案への影響を懸念したたかめか、70年談話も一般論や引用を多用して曖昧な表現でオブラートに包み、侵略を明示せず自らの言葉で「おわび」を語りませんでした。
いくら「不戦の誓い」を強調しようと、心がこもっていなり談話は人々の心に響きません。


この日も国会前では、戦争法案反対の抗議集会を行われました。
お盆にぶつかりましたが、参加者は増えていて凄まじい熱気でした。

戦後70年の談話が出た直後のこの集会で、

国会前集会8-14a

「戦争したがる総理は要らない!」
「アベシンゾウから日本を守れ!沖縄を守れ!平和を守れ!子どもを守れ!未来を守れ!」と大シュプレヒコールが雨交じりの夜空にいつまでも響いていたことを、ご本人はどう受け止めたでしょう。

一番危険な原発とされる川内原発も国民の反対を押し切って再稼動されました。
この日も「原発は要らない!」「再稼動反対!」の大コール。

そしてはるばる沖縄から抗議集会に参加した若い女性が沖縄の惨状を訴えていたのが印象に残ります。

国会前集会8-14b

70回目の敗戦記念日を迎えた日本に、平和に背を向けるような動きが活発化するのは何故なのでしょうか。
70年もの長きに亘り平和憲法の基に世界から賞賛される平和を維持している日本が慌てて解釈改憲してまで戦争に進んで行くのか・・・・
何の不都合もないのに~
敗戦記念日に国民一人一人が平和に日本の未来について、自問自答することが必要であると考えます。



前の記事
次の記事
COMMENT
[23] セブン上司 | 2015/08/19 17:33
通りすがり さん

今回も私の気持をすべて代弁していただいた気がします。

今日本が極めて危ないことは民主主義が国会から完全に失われていることです。
民主主義とは少数の意見も真摯に耳を傾け、多数の意見を主体に無理なく整合させていくことであると思います。

戦争反対は国民絶対多数の意見なのです。
それを歯牙にもかけず、国会議員の議席の数で強行突破していくことが民主国家のやることでしょうか?

そもそもこの政権には何一つ、国益に叶ったことをやっておりません。
高支持率、株価の維持、選挙が強い?この3つが政権を支えているバックボーンです。
このどれもが、作為であったような違和感を強く感じます。

仰るとおり、軍事力強化が平和に繋がらないことは、米国が証明していると思います。
それなのに、戦後70年たっても自立の道さえおぼつかず、米軍の下請け真で躊躇なく応じてより奴隷化が深化しているのは情けないと一言に尽きますね。
[22] セブン上司 | 2015/08/19 17:17
クジラのベーコン さん

鳥越俊太郎さんも語っていましたが、いろいろ政権を見て来たけどここまで酷い政権はなかったとおもいます。
政策のどれもが国民を疲弊させるものばかりで、これで支持率が高い筈ないですよ。

ここへ来て支持率急落ですが、それでもまだ30%を超えているなんてあり得ないと感じます。
いずれにしてもこれ以上この政権が続いたら、もう日本は持ちません。
一刻も早く政権の座から降りて貰いましょう。
[21] セブン上司 | 2015/08/19 16:58
TOMOKO さん

戦争法案だけでも国の未来を歪めてしまう一大事ですのに、原発再稼動、TPP加盟を含めて深刻な国の根幹を揺るがす難題が山積です。

フクイチの事故を切り捨て、避難民を見殺しにして何とも許し難い酷い話だと思います。
すべての原発を廃炉に決めたドイツとは雲泥の差ですね。

空前の原発事故を起こした国が、懲りもせず原発輸出セールスをしたり必要なき再稼働に前向きであることを世界はどう思うでしょうか。
[20] セブン上司 | 2015/08/19 16:43
だんちょう さん

私も含めた「戦争を知らない子供たち」の占める割合が年々大きくなっていますね。
政治家も「戦争を知らない世代」が過半数を占めるようになりました。

これをある意味に危さも増していると思います。
戦争体験者が高齢化し、戦争の悲惨さが風化してはならないと感じます。
こともあろうか、ファッショな人がソウリになり戦争法案成立に躍起になっている異常状態だけに、国民の喚起なくしてこの危機を乗り切れません。

「戦争をしたがる総理は要らない!」
この声を一挙に拡散させなければなりませんね。
[19] 通りすがり | 2015/08/18 15:45
戦後70年談話に関しては評価が分かれるところで、過去の談話を継承したくないという意思は今回も変わっていないですね。
それは安倍自身が、過去のことで必要以上に卑屈になることは好ましくないとの自説を持っているからに他なりません。

それは国会答弁で発言の撤回を求めれても、嫌々他人事のように謝るふりをしているのと同じであると感じます。

彼は戦争自体を悪いことだとは、これっぽちも思っていませんね。
負けたことが悔しいのです。
軍事国家として世界にアピールできないことが我慢ならないのです。

軍事力拡大が、米国との連携を深めることが戦争の抑止力なる・・・そんなこと本気で思っている人が、まともな戦後70年談話等語れる筈がありませんね。
[18] クジラのベーコン | 2015/08/18 15:27
やれやれ、次から次へとよくもとんでもないことが続きますね。
日本の政治で国民ではなく、どっちの方を向いてやっているのでしょうか。
国民の大半が嫌だと反対しているのに、米国と約束してしまったからとなりふり構わず戦争法案を通すことしか考えていません。

TPPが合意に達しなかったことを残念がり、原発再稼働をするに至っては末期的です。

この亡国の政権の支持率が下げ止まりになった?
絶対にあり得ませんよ。マスメディアよとことん良心を失ったのかと問いたいですね。
[17] TOMOKO | 2015/08/18 15:09
戦争はもちろん嫌ですけど、川内原発再稼働しちゃったなんてもう信じられません。

桜島噴火の可能性あるんですよね。
何を基準に安全と判断したんだか、私にはわからないです。


フクイチの事故で避難民の方まだ沢山いらっしゃるんですよね。
それなのにオリンピックだなんて、この国はおかしいです。
[16] TOMOKO | 2015/08/18 15:09
戦争はもちろん嫌ですけど、川内原発再稼働しちゃったなんてもう信じられません。

桜島噴火の可能性あるんですよね。
何を基準に安全と判断したんだか、私にはわからないです。


フクイチの事故で避難民の方まだ沢山いらっしゃるんですよね。
それなのにオリンピックだなんて、この国はおかしいです。
[15] だんちょう | 2015/08/17 19:31
こんばんは。

70年の間に日本はだいぶかわってしまいましたね、戦争を経験された方々が少なくなっていく今の時代、セブンさんのおっしゃるように戦争を知らない国民が圧倒的に多くなりますね。

政治家のおえらいさんも戦争を知らない、こんな時代に戦争に参加させようとする法律は、いかがなものかと思います。



早く辞任してほしいものです。
[14] セブン上司 | 2015/08/17 02:01
マジョ さん

仰るとおりだと思います。
負けたのは大変残念だったが、戦争には大義があったと思っている、思いたい連中が70年間ひたすら機会を待っていたのだと考えられます。

10年前でしたら、まだまだ戦争体験者が元気で戦争への誘導を絶対に許さなかったと思います。
戦後70年ともなりますと、さすがに体験者の方々は高齢になり戦争を知らない世代が大半を占めます。

この機に好戦的な人を首相に祭り上げ、無理筋である戦争へのレールを敷こうと躍起になっていますね。
戦争を聖戦と例え、軍事大国の仲間入りをしたい野望を持ち、米軍の下請け要請を躊躇なく受け入れ、あらゆる手段を使ってでも戦争法案を成立させようとしています。

桜島噴火が警戒レベルの川内原発再稼動、日本の民族的資産をすべて差し出すTPP、日本の自立に真逆な沖縄基地問題等戦後70年の集大成のような日本の未来を危うくする諸問題を国民は闘い抜かなければなりませんね。
[13] セブン上司 | 2015/08/17 01:36
アイアム・ノット・アベ さん

まさに私の気持をすべて代弁していただいたような感じです。
国会答弁もそうですが、長いだけで論点をずらせるのがこの人の特徴ですね。
官僚が作った談話だと思いますが、支持率の低下や戦争法案への配慮からかなりソフトにオブラートで包んでいます。

そして自分の言葉として「おわび」しなかったこと「侵略」にふれなかったことがAB氏の譲れないところだったと推察します。

支持率が数ポイントでも上がりましたか?
ちょっと信じ難いですね。
前回危険水位に入っていましたので、マスメディアが忠義だてして擁護したのか、あるいは本当に上がったのだとしたら国民の民度は絶望的と言わざるを得ません。
[12] セブン上司 | 2015/08/17 01:25
スージィ さん

あはははは~ うまい例えですね。
国民の多くはオオカミの正体に気付いて騙されませんが、まだまだ騙されてしまう人は多いのでしょうね。

70年の談話につきましては、村山談話を踏襲しないとか謝罪を入れないとか事前に言われていましたから、その割にはまともだったと感じた人もいるかも知れません。

しかしよく中身を見ますと、一般的な美辞麗句を羅列したものであり、極めて曖昧な表現にもなっています。
安倍氏のカラーを薄め好戦的な印象を抑えこんだものの、談話は継承していないし、侵略はふれずじまいです。

戦争法案への影響を考えて、オオカミの牙を隠しました。
赤ずきんちゃんたちは気が付くでしょうか。
[11] セブン上司 | 2015/08/17 00:16
すみれ さん

ご両親の戦争体験のお話ありがとうございます。
生きた心地がしない悲惨な恐怖体験をされ、極限状態の苦痛だったであろうと察します。

私も両親や祖母から東京大空襲の話をよく聞かされました。
ほんの数百メートルのところに爆弾が落ち、辺りは焼け野原になったそうです。
数年前に地元の郷土資料館に行く機会があり、そこには東京大震災の体験者が書いた多数の絵が展示されていて、それはまさしく私が聞かされていたとおりの地獄の光景でした。
「はだしのゲン」の地獄絵は広島や長崎だけではなかったのです。

日本は先の大戦で、すべてボロボロになり敗戦国となりました。
まかり間違って勝っていたら侵略戦争により突き進んで行ったと思います。
いかなる理由をこじつけようとも戦争を正当化することは絶対にできません。
過去の過ちは反省し真摯に謝罪することから始めなければダメなんです。

同じ敗戦国でもドイツは過ちを認め隣国に謝罪し、自立を道を堅実に歩んでいます。
先般来日したメルケル首相はそのことを訴えた筈ですが、AB氏は聞く耳を持たないのでしょう。

歴代の首相の中には、侵略を認め謝罪をした方たちがいます。
どうしてそれを踏襲しないのでしょうか、そうでないと思うのならそれを何故自分の言葉で語らないのでしょうか。

戦争法案成立に職を賭しているような人が「平和の誓い」など強調できる筈がありません。
毎週数万の人たちが国会前に集まり、「戦争したがる総理は要らない!」と怒りのコールを叫んでいることに、ABさんあなたは逃げずに出てきて話し合いに応じるべきだと思う。
[10] セブン上司 | 2015/08/16 23:41
ダークナイト さん

AB氏は支持率により威勢が良くなったり悪くなったり、めまぐるしい人ですね。(笑)
今回は談話は支持率の急落を食い止めること、戦争法案成立のための安全運転を心掛けたのでしょう。

幼児のように意固地な人ですから、自分の言葉で「おわび」はしませんでしたし、「侵略」にもふれませんでしたね。
文章を作成した官僚も苦労したと思います。(笑)

平気で嘘をつく人であり、真摯な謝罪が出来ない人なんですよ。
ただ長いだけの説得力も覚悟もない談話だったですね。
[9] セブン上司 | 2015/08/16 23:30
平和を願う一市民 さん

ご賛同ありがとうございます。
終戦という言葉の中にはもう二度とあの痛ましい戦争はしないとの思いが希薄なように感じています。

戦争体験者にとってはあの地獄のような思いから決別できた日であり、70年を経てよもやまたそんな状況に戻るのではないかという不安と怒りが充満していると思います。

あろうことか、国が戦争志向になり軍事国家をめざしていることが明らかなんですから、絶対に阻止しなければなりません。
本音を押し殺した70年談話なんか聞くに堪えないと感じました。
[8] マジョ | 2015/08/16 22:15
私も、戦争は負けたからいけないのではなく
戦争したことが行けないのだと思っています。
何としても回避しなければならなかった。
反省点はそこにあり、そして始めてしまった戦争については
早くやめなければならなかったと思います。
現政権の多くは、靖国参拝し、御霊に誠をささげたと言いますが
御霊ではなく、今反対してる国民の声を聞くべきです。
迷惑かけた国々へ未来永劫にわたり、謝らなくてはならないのか!ではなく
礼をつくせば、わかってくれるはずです。
歴史を捻じ曲げてでも、あの戦いを聖戦とし
歓喜で迎えられた憲法をないがしろにすることは許されませんね。
今日は新宿へ行きましたが、以前より熱気がありました。
沖縄・福島・川内原発再稼働とTPP、限りなく問題が山積しています。
終わりのない戦いだと思っています
[7] アイアム・ノット・アベ | 2015/08/16 14:35
やたら長かった割には、「おわび」をしていませんし、「日本の侵略」も明示していません。
どうせ官僚が作った文章なんでしょうが、当たり障りのないソフトな言葉で包み込んだ作文以上の何物もないです。

戦争を知らない世代までが反省を継承されることを訝るのならば、戦後70年を経た現在に至るまで政治家は何をしていたのですか!
近隣諸国から怨嗟の目で見られ、敵国であり多数の一般国民の命を奪った米国から未だに自立できずに戦争の下請けまで要請され、それを躊躇なく受け入れようと躍起になっていますね。

その推進者である安倍さんが不戦の誓いをするって、マンガ以外にあり得ません。
内閣支持率が先月より数ポイント上がったって、嘘でしょう!
[6] スージィ | 2015/08/16 14:06
安倍さんの談話、赤ずきんちゃんのオオカミみたいな気がして私は嫌だったけど、他の人はどう感じたのかしら。
戦争法案への逆風が止まらないので、オオカミの牙を隠したのじゃないかと思いますよ。

この談話を聞いて安倍さんを評価をした人がいるって、本当なんでしょうかね。

「不戦の誓い」を強調するなら戦争法案は廃案しか考えられないと思いますけど。
[5] スージィ | 2015/08/16 14:06
安倍さんの談話、赤ずきんちゃんのオオカミみたいな気がして私は嫌だったけど、他の人はどう感じたのかしら。
戦争法案への逆風が止まらないので、オオカミの牙を隠したのじゃないかと思いますよ。

この談話を聞いて安倍さんを評価をした人がいるって、本当なんでしょうかね。

「不戦の誓い」を強調するなら戦争法案は廃案しか考えられないと思いますけど。
[4] すみれ | 2015/08/16 02:56
私は、広い意味では戦争経験者であり戦争被害者で加害者であるという意識を常に忘れないように心掛けています。

私と両親は歳の離れた親子です。母が40代の時の子ですので、両親は共に敗戦以前の生まれです。
母の伯父は先の大戦で命を亡くしました。

両親や祖父母が経験した事は、良い事でも悪い事であっても私には充分その温度が伝わります。

両親からは戦後の苦難の時代を身をつまされて教えて貰いました。
祖父母からも当時の様子を窺い知る事が出来ました。

そんな風に自分の両親や祖父母が苦しみ深く傷ついた経験をした戦中戦後は、私にとっては決して他人事ではなく、ある意味「経験」に等しいのです。
涙を浮かべ苦痛に顔を歪め、時には触れる事さえ恐れる様な事を他人事で済ます事が出来る筈はありません。そんな両親や祖父母を見て感じる時、それらは私の心にも深く影を落とすのです。

「お祖父ちゃん達はね、空襲があるから夜もぐっすり眠れなかった」「お父さんは戦後まだ医療が整っていない時に病気になって大変だったよ」それらは遠い過去の風化した出来事ではないからです。

ですから、安倍総理の70年談話はとても残念に感じました。
「子や孫に宿命を負わせたくない」総理と言う立場で今現在、多大な苦しみを与えた国と手に手を取れていない状態で口にして良い言葉でしょうか?

そして何より、自分達の国の総理である人からは決して聞きたくない哀しい言葉がありました。

それは、「日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。」というものです。

正しい良い戦争だという認識を持たれている事が、とても残念で悔しくてたまりません。確かに植民地化はあってはならない事です。しかし、それに対する解決法が戦争という残忍な手段であっては断じてならないのです。その後、私達の国も国策を誤り、侵略と植民地支配に至ったではありませんか。

全く、反省の欠片もない談話です。言葉には盛り込んであっても過ちを明言して認めていません。お得意の有耶無耶な間接的で心の籠っていない談話です。

日露戦争が功績であり褒め称えている、決して許されるべきではないと感じます。

将来、私に子どもが授かり、その子が成長して私の孫が出来る・・・その頃には計り知れない苦しみを与えてしまったけれど、真の友人であるべき国と心から笑顔で手を握り合える、そんな光が射していたらと希望を抱いています。

「私のお祖母ちゃんのね、両親やお祖父ちゃんたちが隣の国と戦争したって聞いたんだって」こんな話が出る頃には叶うと信じたいものです。

でも、それを短くするのも長くするのも私達の心がけ次第だと思います。
私達が、歴史認識を正しく真摯に受け止め、戦争は何があってもしないという強い信念を持った「私たちの代表である政治家」を生み出さない限り、その光は射してこないのです。

一日も早く、明るい光が射す事を願っています。
[3] ダークナイト | 2015/08/16 00:00
安倍さんの談話はカラーを薄めて曖昧な表現で取り繕った感じだと思いました。
しかし、支持率により主張が大きく変わる人なんですね。

村山元総理が、引き継がれていないと批判していましたが、従来の談話を引き継がず、自らの独自な表現も封印しハートを感じさせない出来栄えだったと思います。

懸案の戦争法案の成立、支持率低下への影響力を考慮した奥歯に物が挟まってような談話と感じます。
[2] ダークナイト | 2015/08/16 00:00
安倍さんの談話はカラーを薄めて曖昧な表現で取り繕った感じだと思いました。
しかし、支持率により主張が大きく変わる人なんですね。

村山元総理が、引き継がれていないと批判していましたが、従来の談話を引き継がず、自らの独自な表現も封印しハートを感じさせない出来栄えだったと思います。

懸案の戦争法案の成立、支持率低下への影響力を考慮した奥歯に物が挟まってような談話と感じます。
[1] 平和を願う一市民 | 2015/08/15 23:50
おお、私も敗戦記念日という言い方に一票を入れます。
自ら敗戦(降参)を認め、敵国から了承されてやっと終戦になったんですからね。

戦争体験者が少なくなって来て、悲惨な体験を話してくれる人が減っているのが心配です。
また、いつか来た道に戻されて、先人と同じ体験をさせられるのでは、あまりにも悲惨です。

今夏は日本が道を踏み外すか、平和国にとどまれるかの重要な分岐点になると思います。
正しい選択をするよう、私も微力ながら平和を訴え発信したいと思っています。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):